2013年11月09日

軽自動車ホームレス(39日目)〜静岡県内の国道1号線はほとんど高速道路みたい〜


朝霧高原から見える富士山より、反対側に見える、このハゲ山「竜ヶ岳」の方が気になります。本栖湖の南側にあります。

竜ヶ岳.jpg

富士五湖の日帰り温泉は、判で押したように1000円以上で、前日の道志村の村営温泉「道志の湯」(580円)に入っておけばよかったと・・・

温泉ではないのですが、朝霧高原から少し下ったところの「天母の湯」(あまもの湯)1時間だと400円と格安です。露天風呂からの眺めは富士山ではなく、久々の太平洋側が見えます。

天母の湯.jpg

となりの清掃工場の廃熱を利用した、富士宮市関係の施設なので格安料金みたいです。
天母の湯となりの清掃工場.jpg

富士宮市内を通ります。入浴料が安かったので「富士宮焼きそば」でもと思って、「富士宮焼きそば」のある店を4軒通り過ぎると富士市に入ってしまい、食べそびれました。

東名高速のSAと併用の「道の駅富士川楽座」富士川と富士山、富士山ともこれでお別れです。
富士川と富士山.jpg

富士市の海沿いのイオンタウンの「ビッグ」で298円弁当とタマゴを買って、国道1号線バイパスへ、最初は海沿いを走っていたのですが、静岡市(旧清水市)あたりから山側を走ります。国道1号線バイパスって、ほとんど自動車専用道路で、標識も高速道路と同じ緑色、これずっと無料なの?制限速度は?と「?」だらけで流れに乗って西へ西へと進んで行きます。途中寄った道の駅は、静岡市と藤枝市の境の「道の駅宇津ノ谷峠」と「道の駅掛川」どちらも駐車場いっぱいで、なんか落ち着けないので結局、浜松市、浜名湖を越えて湖西市の「道の駅潮見坂」が本日の宿泊先です。1キロ先は愛知県です。


2013年11月9日


posted by bonjin at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月10日

軽自動車ホームレス(40日目)〜紀伊半島のかなり南まで来ちゃった〜


本日は、午後6時くらいまで雨の予報です。国道1号線バイパスの向こうは、すぐ太平洋です。あいにくの天候にもかかわらずいっぱいサーフィンやってます。
道の駅潮見坂から太平洋.jpg

この風景を見ながら、足湯無料です。55歳の足ですんません!
道の駅潮見坂足湯.jpg

さて本日の予定は、渥美半島方面へ向かい、渥美半島の先っぽの伊良湖からフェリーで鳥羽に渡り三重県入りしようと思ったのですが、あいにくの雨、しかも国道1号線バイパスに入ったら地図にはまだ掲載されていない国道23号線バイパスに自然に入っちゃって、GoogleMapのナビは、道無き道を「右へ」「左へ」の大パニック。

結局天気も雲が低く立ちこめて海沿いを走ってもつまらないので、名古屋市経由で三重県入りすることにしました。最初は愛知県は自動車王国で車も多くて大変だろうという先入観の正反対に、運転マナーよし、スマートな車さばきで、大変運転しやすかったのです。片側2車線の道路だと、基本は左車線、前に出るときだけ、鮮やかに車線変更をします。バイパスの合流も鮮やかに流れに乗って合流、必ずハザードつけて「入れてくれてサンキュー!」の合図です。

途中に寄ったサークルK豊橋大清水店、寄ったというより、この外装に思わず引かれて入ってしまいました。
サークルK豊橋大清水店1.jpg

これ、たぶん地区のクリスマスディスプレーコンテストあったら優勝です!
サークルK豊橋大清水店2.jpg

幸田町の「道の駅筆柿の里幸田」、筆柿とはなんぞや?と思って直売所をのぞくと、縦に長い柿のことでした。たくさん(20個くらい?)入って400円でしたが、とても食べきれないので遠慮しておきました。
道の駅筆柿の里幸田.jpg

安城市の「道の駅デンパーク安城」、デンマークを模したテーマパークのようで家族連れで駐車場はいっぱいでした。
道の駅デンパーク安城.jpg

名古屋市内は、高速で回避しようと思ったのですが、ほとんど信号待ちなしのスムーズな流れの国道23号線バイパスでそのまま三重県入りしました。県境の弥富市でガソリン給油、燃費は、約22キロ/リットルでした。それよりもガソリン価格です。153円で給油したのですが、三重県に入るとどんどん下がっていって、津市に入ると137円の表示がありました。おそらく現在日本最安値の地区じゃないでしょうか。

津市に入ってすぐのイオンタウンのビッグで買い物して、国道23号線の流れも悪くなったので、ここからは高速を使って伊勢方面に向かうことにしました。

が、しかし途中のパーキングで、「道の駅伊勢志摩」を調べると駐車場が普通車17台しかスペースがないので、一気に高速の終点、紀伊長島まで行くことにしました。天気予報のとおり激しかった雨もやみ星空が見えるほどの夜空になっていました。

本日の宿泊地は「道の駅紀伊長島マンボウ」です。マンボウの産地?みたいです。夜だというのに、風は少々強いのですが、気温は20℃近くあって、とても暖かいです。南房総を思い出します。


2013年11月10日



posted by bonjin at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月11日

軽自動車ホームレス(41日目)〜明日は和歌山県、三重県の最南端です。〜


朝起きて道の駅周辺を散歩しました。道の駅のそばには方上池というのがあり小さな魚が跳ねていたり、その魚を狙った鳥達がいます。
道の駅紀伊長島マンボウ.jpg

道の駅のすぐ近くの城の浜海水浴場。浜の反対側は生け簀があって海上釣り堀です。1日釣り放題で1万円!養殖のブリやタイが釣れます。ちょうど魚をトラックで補充しにきたところでした。
城の浜海水浴場.jpg

なぜか海水浴場のそばなのに県営プール、シーズンオフはなんとも寂しい風景です。
紀伊長島県営プール.jpg

少し走ってきいながしま古里温泉で汗を流します。入浴料500円でのんびりと足を伸ばして入浴。
きいながしま古里温泉.jpg

近くの港の中の水も底が見えるほどの透明度で、どこへ行ってもめちゃくちゃ海はきれいです。向かいに見えるのが鈴島です。
紀伊長島鈴島.jpg

国道42号線尾鷲の手前の「道の駅海山」先は先月10月23日の台風の影響で通行止めでした。迂回路は無料の紀勢自動車道です。尾鷲はちょっとした町で、WiMaxも久々のエリアです。スーパーで買い物して、しばし休憩です。今夜は和歌山県境あたりまで行こうと思います。尾鷲を過ぎると国道42号線は険しい山側を迂回します・・・と思ったら、地図には乗っていない熊野尾鷲道路というのがあってあっという間に熊野市に到着、さらに南下して三重県の最南端の町、紀宝町の「道の駅紀宝町ウミガメ公園」が本日の宿泊地です。

ほんの5キロほど先の熊野川を渡ると和歌山県です。


2013年11月11日


posted by bonjin at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月12日

軽自動車ホームレス(42日目)〜本州最南端を通過して関西文化圏へ〜


道の駅に併設するウミガメ公園、あまり大きくないプールにウミガメを飼育しています。

ウミガメ公園.jpg

ウミガメが上陸して産卵する数、実はこちらの紀宝町ではなくとなりの御浜町の方が多いのです。
紀宝町ウミガメ海岸.jpg

海岸の反対側は工事中、どこかから持ってきた玉砂利をパワーショベルでならしています。自然の砂浜のままだと浸食が進むのでやっているのでしょうが、ちと疑問です。
紀宝町海岸工事中.jpg

熊野川を渡って和歌山県に入ります。コンビニに寄ると、どん兵衛が西日本仕様の「W」マークに!三重県は店員さんは関西弁ぽくても、尾鷲では東日本仕様の「E」でした。

那智勝浦町の「道の駅なち」JR那智駅と温泉併設です。午後1時からの営業なので、まだ準備中でした。
道の駅なち.jpg

同じく那智勝浦町の紀伊浦神近くの岩屋岬、関西弁バリバリの釣り人さんとしばしお話しました。
紀伊浦神岩屋崎.jpg

いよいよ本州最南端の町、串本町です。「道の駅橋杭(はしくい)」
橋杭岩.jpg

右手の串本大橋の右に本州最南端の潮岬があります。
橋杭岩と串本大橋.jpg

本州最南端です。
本州最南端.jpg

この辺が本州最南端かな?
このへんが本州最南端.jpg

本州最南端の芝生でカールとラヴィを放牧。天気がいいので気持ちいいです。とっても広い芝生で、中学生のクロスカントリー大会をやっていました。
本州最南端の芝生.jpg

潮岬灯台、駐車料金300円なのでパス・・遠くから撮影しました。
潮岬灯台.jpg

本日の宿泊地は、白浜町「道の駅志原海岸」です。南房総以来の西海岸です。夕日は水平線近くに雲があって見えませんでした。
志原海岸日没.jpg

明日は白浜温泉のどこかで汗を流します。



2013年11月12日


posted by bonjin at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月13日

軽自動車ホームレス(43日目)〜道の駅難民になっちゃって大阪府に入りました〜


タイトル通り、昨日は寝場所を求めて21時過ぎまで、さまよっていたので、翌日書いてます。

「道の駅志原海岸」の前のビーチ、天気が良すぎて、iPodTouchのカメラでは白飛び気味。昨夜は満天の星空が綺麗でした。
志原海岸ビーチ.jpg

「道の駅椿はなの湯」残念ながら営業は12時からでした。
道の駅椿はなの湯.jpg

こんなところに高層ビルが?なんでしょうかと思ったらリゾートマンションでした。売れたのかな?
なぜかリゾートマンション.jpg

円月島(えんげつとう)強い地震が来ると崩れるそうで、補強工事をするそうです。地震や浸食や隆起などの自然活動によって絶景は生まれる訳だから、消滅してしまうものもあれば、生成されるものもあるので、あるがままでいいのではないかと思います。
円月島えんげつとう.jpg

円月島遠景
円月島遠景.jpg


白浜温泉でネットで調べた長生の湯は残念なことに定休日でした。

で入浴したのが白良湯入浴料400円です。町営みたいです。お風呂からはビーチが見えます。残念なことに外壁工事中でしたが背を伸ばすと見えます。ここにたどりつくのも大変でした。温泉街のメインストリートから入れるのですが、GoogleMapのナビは執拗に、自動車通常不可の海辺の遊歩道を主張してきます。正解はメインストリートのファミリーマートの隣の奥にあります。
白良湯.jpg

白良湯の前の白良浜です。
白良浜.jpg

白良浜の反対側です。この白砂は絶対に入れ砂だろうと思ってましたが、自然の砂だそうです。
白良浜2.jpg

よくある風景なのですが、心ない訪問者の数多くの落書き(彫ってます)に心が折れてしまいます。日本人よ!それでいいのか?
千畳敷.jpg

三段壁です。
三段壁.jpg

三段壁に行く道のお店での買い物、全部ひとつ100円で合計500円です。良心的というかなんというか・・
これで500円.jpg

ここからが写真なしの宿探しの放浪の始まりです。まず、みなべ町の「道の駅みなべうめ振興館」へ、ここは駐車場が狭くて芝生がないので、移動。次は「道の駅白崎海洋公園」ダイビング施設もある絶好のシチュエーションと思たんですが、日没後、ひとりぼっちの車1台です。絶景はオフィシャルサイト「白崎海洋公園」で。

場所が、海に出ベソのように突き出しているので、風がはんぱなく強くて、車が揺れるほどです。道の駅のスタッフの車2台が出て行くタイミングで出発しました。

近くの山の方にある、日高川町の「道の駅San Pin中津」へ移動すると、なんかトラブルがあったらしく、パトカーが赤色灯を回したまま停車中、いやな予感がするも車を駐車すると、道路の向かいには「セレモニーホールなんとか」、ちょっとね、安らかに眠りにつくの?ちょっと違うと思うのよ。

最後のオプションは、高速道路(阪和自動車道)に入ってパーキングで寝ることに。パーキングに駐車したのが19時30分頃です。しばらくして、工事関係の方が運転席の窓ガラスをコンコンと・・「20時から海南インターから南は工事のため通行止めになります」

「なんですと?」

仕方なく次のインターで降りて、国道42号線北上します。有田市、海南市、和歌山市とどんどん都会になっていき、けっきょく大阪府に入って最初の「道の駅とっとパーク小島」で寝ることに。到着は21時過ぎてました。

着いてからの顛末は翌日アップします。



2013年11月13日



posted by bonjin at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月14日

軽自動車ホームレス(44日目)〜再び和歌山県に戻ってリフレッシュ〜


思えば、昨日は、ほとんど思い通りにならない「人生のアンラッキーデイ」でした。昨日、車中泊した「道の駅とっとパーク小島」ですが、道の駅というよりは、釣り公園メインなのです。

関西空港埋め立ての土をここから搬出して船に乗せて運搬した設備を利用して釣り公園にしたそうです。
とっとパーク小島.jpg

釣り好きの方達の場所取りのため、平日は午前4時、土日は午前2時に整理券を配るそうです。その順番待ちの駐車スペースの列に車を止めていて、釣りに来た方に「道の駅」はあっちのスペースということで移動しました。

午前4時に整理券の配布が始まると、寝ている人を起こすために、クラクションがけたたましく鳴り響きます。朝起きると100台近い車が駐車していました。

ネット環境も、WiMaxは圏外、AuのLTEもなんだか切れたり繋がったりと全然使い物になりません。

僕も消耗した1日でしたが、カールもラヴィも長距離のドライブで消耗しています。ここ周辺の緑地とか公園とかを調べたのですが、どこも駐車料金が有料で、さすが大阪は都会です。

西へ500mほど走ると和歌山県です、再び和歌山県に入ることに。しばらく走ってトンネルを抜けると、素晴らしい緑地と駐車場がありました。休暇村紀州加太です。カールとラヴィは芝生で放牧、寝袋は天日干しです。ラヴィはストレスのせいか、なかなか外に出て行きません。出してもカゴの中に入ってばかりです。よっぽどストレスたまってるのね。
休暇村紀州加太.jpg

この公園では、泉南ナンバーの「道の駅」全箇所踏破をめざす方に、挽きたてコーヒーをごちそうになり、いろいろお話を聞かせてもらいました。

ブログを書き上げて、山の上にある、「休暇村紀州加太」で入浴。入浴料600円です。温泉ではないのですが、備長炭を湯の中に沈めてます。

展望台から、左から沼島(ぬしま)、淡路島、沖ノ島、地ノ島、実際は写真より絶景です。
沼島淡路沖の島地島.jpg

沖ノ島、地ノ島は、小さい虎島、神島の4つの島をあわせて「友ケ島」と呼びます。

太平洋戦争は、これらの島とともに、このあたりは、防衛の要で、多くの砲台跡か今も現存しています。

弾薬庫の前でくつろぐカールとラヴィ、まさに戦争と平和の画像です。
弾薬庫と平和.jpg

休暇村紀州加太の公園でアドバイスしてもらったとおりの岸和田の「道の駅愛彩ランド」へ向かいます。



途中、熊取町のカメラ屋さん、ニコンの一眼レフが屋上に乗ってます。
カメラのフダモト熊取町.jpg

本日は日没前に道の駅に到着しました。ラヴィもようやくストレスから解放されたみたいです。


2013年11月14日







posted by bonjin at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月15日

軽自動車ホームレス(45日目)〜阪神高速は難しすぎ!堺市、大阪市、神戸市通過〜


本日は、神戸市の先の三木市にある「道の駅みき」に行こうと前日から決めていました。朝から雨なので朝のラッシュの時間帯にも関わらず午前8時前に出発しました。

阪神高速を使って900円で、堺市、大阪市、神戸市の中心部を通過するためには、

岸和田北IC(阪神高速5号湾岸線)-天保山JCT(阪神高速4号湾岸線)-住吉浜IC-一般道-摩耶IC(阪神高速3号神戸線)-若宮(第2神明)-玉津IC-国道175号線

一応GoogleMapのナビは入れておきますが、上記の経路を紙に書いて、しっかり運転席の横に貼付けておきます。

GoogleMapのナビは途中で何度も出口に出るように指示したり、高速が上下2階建てになっているところでは、上を走っているのか下を走っているのか判別できないので、出口のないところや分岐のないところを右へ左へと指示するので現在地の確認以外では使い物になりません。指示通り走ったら、何度も通行料金を払わされます。

神戸の住吉浜ICに出る直前までは計画通りのルートを行けたのですが、一般道に降りて摩耶IC(阪神高速3号線)に入るところで間違ってしまいました。左右どちら方向の標識にも「乗継」の文字があったので、右だろうと思ったら左でした。だって前のトラックで方面の文字が見えなかったんだもん。

湾岸幹線道路線(ポートアイランド方面へ行く道)へ入ってしまって、すぐ料金所、現金100円也を支払ってすぐの出口を出て、信号2つで摩耶IC(阪神高速3号線)へ入る。はたして乗継は成立しているのだろうか?ETCの請求来るまでわかりません。

もうひとつ間違えました。次のはもっと「トホホ」です。道を間違ったので、次のパーキングで一息入れようとするとさっそく京橋PAの標識が、今までのPAはすべて出口といっしょのところにあったので、迷わず降りるといきなり信号でした。再び同じ京橋ICから入場。これは間違いなく損してます。京橋ICと京橋PAの距離わずかに100mありません。

乗継料金が成立していなかったら1000円無駄にしていました。これがETCじゃなく現金払いだと900円X2回の1800円の無駄遣いだもんな〜!ため息だよね。

それと阪神高速のカーブのバンク角はハンパなくきついです。渋滞でゆっくり走っていると車高の高い車は横に倒れるんじゃないかと思うくらいの感覚。これならスピードの出る車だと200キロ以上でも曲がることができそうです。(良い子は絶対しないでね!)

第2神明から先は、スムーズに走って午前中に「道の駅みき」に到着。これが今まで行った、道の駅最大の規模です。JRAが馬券のテラ銭のあぶく銭で作った、「三木ホースランドパーク」とあわせると、どんだけ広いんだ〜!

午後になると晴れてきました。三木ホースランドパークの芝生でゆったりカールとラヴィを放牧です。2日前の疲れとストレスを癒して下さいね!

夕方、三木市内の竹乃湯温泉で汗を流します。入浴料400円、温泉と名がついてますが、地下2000mからくみ上げた地下水を湧かしています。三木市の古い町並みの中にあるので道の狭いこと、軽自動車でもちょっとヒヤヒヤものでした。

午前中に駐車場が満員になるだけあって売店は充実してます。けっこう食べ物を買い物してしまいました。

本日の写真です。


最初に入った阪神高速の泉大津PAの駐車場、屋内や寝付きです。雨の日なので助かります。
泉大津PA駐車場.jpg

11Fの展望室、空港のラウンジみたい。
泉大津PA11F展望台.jpg

食堂のメニューも安めの関西価格
泉大津食堂メニュー.jpg

5列の車があっという間に2車線のおさまります。
5列の車が阪神高速.jpg

淀川を越えたところにある中島PAの展望室、こちらもおしゃれです
中島PA3F.jpg

「道の駅みき」まだ午前中だというのに第1駐車場は満車です。
道の駅みき金曜昼前.jpg

広大な敷地の「三木ホースランドパーク」
三木ホースランドパーク.jpg

カール放牧中
カールホースパーク.jpg

ラヴィ放牧中
ラヴィホースパーク.jpg



2013年11月15日


posted by bonjin at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月16日

軽自動車ホームレス(46日目)〜瀬戸内海です〜


三木ホースランドパークで、カールとラヴィを放牧しよう思ったんですが、開場が9時からというので、はやばやと出発しました。加古川市の日岡山公園で放牧です。

ラヴィは、なぜか枯れ葉が好きです。
ラヴィ加古川日岡山公園.jpg

昨日シガーソケットから3つのシガーソケット電顕を分けるコンセントのヒューズが飛んだので、オートバックス加古川店でヒューズを購入。

国道250号線沿いの巨大な「イオンモール姫路リバーシティー」に寄って、昼には、たつの市の「道の駅みつ」に到着しました。土曜日ということもあって、超人気のスポットのようで、駐車場は夕方まで満車状態です。牡蠣が解禁になったようで、外では蒸し牡蠣を販売しています。

道の駅を降りると「プライベートビーチ?」(遊泳禁止です)
道の駅みつビーチ.jpg

向かいに見えるのは家島諸島です。
道の駅みつ家島諸島.jpg

岡山まで100キロを切りました。あすは岡山県に入る予定です。


2012年10月16日


posted by bonjin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月17日

軽自動車ホームレス(47日目)〜岡山県に入りました。実家まで30キロ弱〜


けっこうな居心地の「道の駅みつ」を出発、国道250号線の相生までの景色は絶景です、お次の隣の相生市の「道の駅あいおい白龍城」(ペーロンじょうと読みます)は、すぐに到着です。途中「ようこそペーロンの町、相生へ!」の看板に「ペーロンとはなんじゃいな?」の疑問が頭の中をかけめぐります。「ペーロン」とは、ドラゴンボートのことで、ようするに手漕ぎ船です。毎年、5月の最終日曜日に「相生ペーロン祭」としてレースが開催されるそうです。

それにしても、このセンス?沖縄ならば違和感なしに受け入れられるのですが・・・
道の駅あいおい白龍城1.jpg

道の駅あいおい白龍城2.jpg

道の駅あいおい白龍城3.png

そばの小さな公園に「河本先生」の像が、といっても知らない人が多いと思います。台座には「河本敏夫先生之像 小泉純一郎」ってありました。

河本敏夫--かつての自民党の重鎮議員。事実上のオーナーだった三光汽船の倒産がなければ、総理大臣になっていたかもしれない人です。
河本先生.jpg

併設の「ペーロン温泉」(なんというネーミング)でひと風呂、入浴料750円はちとお高いと思います。

イカ天とエビ天、いずれも150円也
イカ天エビ天.jpg

赤穂市を抜けて、岡山県入りです。備前市の日生です。向かいの鹿久居島(かくいじま)への日生大橋(仮称)の工事か進んでいます。来年完成するそうです。鹿久居島の人口は10人少々です。その向こうの頭島との間には10年以上前に橋が完成しています。あわせて200億円近い事業費です。あの〜僕が死ぬまで渡し船の船長やりますから、橋なんか作らないで公務員で雇って下さい・・・って言いたくなります。
日生大橋仮称.jpg

日生の「五味の市」、岡山では有名な日生漁港の直売所です。漁師のおかあちゃんが「お兄さん、こうてぇ〜こうてぇ〜」と声をかけて来るのは昔と同じです。(こうてぇ〜=岡山弁で買っての意)建物もずいぶん立派になって、今日は日曜日ということもあり車が駐車場からあふれるほどの盛況です。
日生五味の市.jpg

本日のお宿は実家まであと30キロ足らずの距離の「道の駅一本松展望園」です。あいにくの小雨まじりの天気です。天気がよければ、岡山の人しか知らないキャッチフレーズ「日本のエーゲ海、牛窓」の海が綺麗に見えます。明日に期待です。
一本松展望園から.jpg

ここの食堂、員食堂並みの価格設定です。
一本松メニュー1.jpg

オムカツカレー600円も魅力的でしたが
一本松メニュー2.jpg

北海道の「みよしの」と同じ価格の「餃子定食」400円也を注文
餃子定食400円.jpg



明日は、岡山市内入りです。



2013年11月17日


posted by bonjin at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月19日

軽自動車ホームレス(48日目)〜立派な家はあるのですが、道の駅が快適〜


昨日の曇り空とはうってかわって、朝は快晴、再び展望台に行って「日本のエーゲ海」牛窓の海
日本のエーゲ海牛窓の海.jpg

出発すると、実家まで1時間かかりませんでした。小休止して、住んでもいいよ!といわれた親戚の家へ、こんな立派な家を貸してもらえるんですが・・・
親戚の家.jpg

札幌から送った荷物の山、ヤマト運輸の送り状を見ると総重量「315キロ」送料「23,020円」でした。
荷物315キロ.jpg

電気、水道、ガスを契約しないと、生活出来ません。身体が車上生活に慣れきっているので、自然に、芝生があって、トイレかあって、駐車場がある場所を探しに車を走らせていました。けっきょく、そんな道の駅に匹敵するような場所はなく、岡山市中心部から一番近い、玉野市の「道の駅みやま公園」に泊まることにしました。

緑がいっぱいです
みやま公園1.jpg

ほぼ全方向広大な公園です。
みやま公園2.jpg



2013年11月18日


posted by bonjin at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

軽自動車ホームレス(49日目)〜今日はどこで寝ようかな〜


昨夜、カールの家が壊れてしまいました。上のファスナーがついに解放状態に、5年間使ったから仕方ないか
旧カールの家.jpg

ホームセンターをいろいろまわって、ラヴィと同じハードタイプを購入
新カールの家.jpg

夕方、母と実家の近所に出来た「スシロー」で食事して、これまた近所の老人ホームにいる叔母さんに会いにいってきました。実は住んでもいいと言ってくれている家は、この叔母さんの家です。

夜は、まあまあ近くの「ぽかぽか温泉」というところで汗を流しました。入浴料410円、温泉ではありません、ふつうのスーパー銭湯です。

今、家の車庫の車の中で書いてます。本日はどこで寝ましょうか?町の中の家の車庫に止めた車の中で寝たら怪しいよね、仕方ないので家の中のどこかに寝袋持ち込んで寝ます。

もう居場所が車の中って決まった生活を1か月以上続けているので、屋根のある家の中で落ち着けなくなっちゃいました。完全に車上生活者になっちゃったよ。



2013年11月19日



posted by bonjin at 20:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月20日

軽自動車ホームレス(50日目)〜電気と水がなかったら生活できませんよ!〜


昨夜から早朝にかけて気温は5℃まで下がりました。寝たのは叔母さんのベットの上で寝袋に入って寝たのですが、そりゃ寒いことったら・・・寝袋から出てる顔が寒くて寒くて。

車上生活なら、水は道の駅や公園で調達すれば問題なし、電気は300Wまでなら、車の中で自由に使えます。エンジン止めても予備のバッテリーは3台積んでありますから問題なしです。

結局朝起きて、電気と水道だけは使用するため契約することにしました。このままじゃ寒いのと、トイレも使えないので、軽自動車ホームレスとして再スタートするために、荷物の整理や入替すらやる気が起きません。

本日沖縄の那覇の朝の最低気温16℃です。早く南の島に渡りたいぜ〜!

昼前に電気と水道が使えるようになりました。1年以上空き家だったもので、まず、お掃除。4部屋もあるので大変です。とりあえずこたつのある居間に居場所ができたので、暖房を入れて、こたつに入ってボーっとしていました。これでテレビと、みかんがあったら人間だめになってしまいそうです。



2013年11月20日



posted by bonjin at 08:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月21日

軽自動車ホームレス(51日目)〜墓と無人の家は誰が面倒を見るんだ〜


とりあえず、2階の空き部屋に移動した荷物、1か月以上必要だと思ったことがない物ばかりなので、捨てるか、人に譲るかです。しかし、まだ紐をとく気持ちになれません。
2Fの荷物.jpg

僕が滞在している家というのは、僕の母親が育った実家でもあります。ところが今は無人の空き家です。家には伯父さん(母の姉の旦那さん)の仏壇と、僕の母方のおじいちゃんとおばあちゃんの写真があります。

母の方の兄弟は全部で8人いるのですが、2男6女なので、結局全員、生まれた実家から離れて住んでいます。結局のところ、これだけ兄弟が多くても、こんな状態です。

いまどきは、子供がいても2〜3人、中には子供のいない夫婦も多いし結婚していない人も多い。こんな世の中だから、お墓だとか実家とかは、その後、誰が面倒を見るんだろうか、と思います。

昼から、おじいちゃんとおばあちゃんの墓参りへ、こんな遠景の岡山の中心部からそんなに離れていないところにあります。
東山遠景.jpg

車を駐車場近くに、珍しく芝生と、やや雑草のはえた公園がありました。ラヴィには絶好の放牧地です。
網浜公園.jpg

ガソリン給油しました。走行371.0キロで22.7リットル給油、さすがに阪神高速の渋滞とか走ったため16.3キロ/リットルしか走っていません。

実は、まだ住民票は、札幌市東区に置いたままの札幌市民であります。いちおう、札幌のマンションも人に貸したことだし、郵便物も岡山の実家の方に転送しているので、住民票も岡山に移動しようと思います。

岡山市役所(じゃなくて生意気にも政令指定都市になったので岡山北区役所)へ行ってきました。

「転出届出していないんですが、転入できますか?」

答えは出来ませんです。札幌市東区役所に転居届を郵送して、転出証明を送ってもらってからじゃないと、転入手続きをすることになります。そりゃそうだよね、勝手に他人を転出させて、他人になりすますことできるもんね。

でも、世のホームレスの方たちは、たぶん出て行った時の住所のままなんでしょうね。いちおう、人口はその自治体ででカウントされているんでしょうね。


本日は、これから高校の時の友人と飲みに出ます。



2013年11月21日


posted by bonjin at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2013年11月23日

軽自動車ホームレス(52日目)〜何もしない日があってもいいじゃないか〜


昨日、久々に飲んだせいか夜までコタツに入ってゴロゴロしていました。夜はぽかぽか温泉で風呂入って、食料の買い出しをしただけ。

「飛竜の生ラーメン」子供の頃から売ってます。岡山出身の僕が唯一、岡山の誇る一番うまいラーメンです。これにチャーシューとメンマのせてラーメン屋を開業しようかと思うくらい、「足りないものはなにもない、余計なものもなにもない」すっきりあっさりの昔の支那そばです。
飛竜生ラーメン.jpg


2013年11月22日



posted by bonjin at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年01月03日

軽自動車ホームレス(正月編その1)〜瀬戸大橋で四国に渡りました〜


昨年10月、軽自動車ホームレス中に1週間お世話になった栃木の友人が年末年始の休みにこちらに来るということで四国に渡る事にしました。友人の旅のルートは、羽田から高知→松山→岡山から羽田です。

ということで四国最終日に、松山近辺まで行って、僕の狭い軽自動車に乗せて岡山に向かう予定です。

昼前に、カールとラヴィを乗せて出発します。瀬戸大橋は高速道路で有料です。瀬戸中央自動車道という名前です。水島インターから入りました。

高速入ってすぐの、鴻ノ池サービスエリア、ドッグランがあって、お正月ということで、たくさんのワンコちゃんのお友達がいました。
鴻の池SA.jpg

瀬戸大橋って距離にして10キロ足らずで四国です。時間にすると10分かかりません。高い料金払ってもったいないので与島サービスエリアに立ち寄ります。

四国側の北備讃瀬戸大橋です。向かいは、すぐ四国です。
与島SA.jpg

四国に渡ると、坂出市、丸亀市、善通寺市と通過して、三豊鳥坂インターチェンジで高速を降りて、「日帰り温泉検索」すると近くにありました。

「たかせ天然温泉」入浴料は580円
たかせ天然温泉.jpg

愛媛県に向かう国道11号線は2車線で、けっこう混んでます。ここで食事です。道路沿いにある店で適当に入ったのがここです。

こがね製麺所.jpg

かけうどん、ゲソ天、鳥足天400円くらいでした。
かけうどんゲソ鳥足.jpg

「道の駅とよはま」で一服です。あと数百mで愛媛県です。
道の駅 とよはま.jpg

のんびりし過ぎたので、先を急ぎます。愛媛県川之江市に入ってから、三島川之江インターより、松山自動車道に入ります。ここから今治まで高速です。

本日のお宿は「道の駅 風早の郷 風和里」(松山市)です。




posted by bonjin at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年01月04日

軽自動車ホームレス(正月編その2)〜しまなみ海道〜


道の駅 風早の郷 風和里
道の駅 風早の郷 風和里.jpg

道路を渡るとすぐ海です
道の駅 風早の郷 風和里2.jpg

友人との待ち合わせは、伊予鉄道高浜駅です。
伊予鉄高浜駅.jpg

駅の向かいは、興居島(ごごしま)行きのフェリーのりばです。
高浜港フェリー乗り場.jpg

興居島です。泳いで渡れそうです。
興居島.jpg

今治方面に戻って、しまなみ海道(西瀬戸自動車道)に入ります。最初の橋が来島海峡大橋です。第1から第3まで3本の橋で大島に渡ります。
来島海峡大橋.jpg

僕の、元々の本籍地は、この先の伯方島にありました。

大三島までが今治市で、多々羅大橋を渡ると広島県尾道市の生口島です。
多々羅大橋.jpg

本州に戻ると天気も悪くなってきたので、山陽自動車道でまっすぐ岡山に戻りました。




posted by bonjin at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年02月23日

軽自動車ホームレス(準備編)〜テント虫干ししました〜


3か月以上も、岡山でグータラな日々を過ごしています。荷物の整理とか一向に進まないのですが、なんとか整理する目処がついてきたところです。

テントですが、室内で組み立てようとチャレンジしてみたものの、大きすぎて放ったらかしていました。本日天気もよいので虫干しと、中を掃除機できれいにしました。

このテントを張るのは、なんとほぼ8年ぶりです。僕の記憶が確かならば、2006年夏、石狩浜での水着撮影の時に設営したのが最後です。石狩浜の砂も綺麗に掃除機で吸い取りました。

それにしても、マイカーの横に設営してみるとけっこう大きなテントですね!


テント虫干し.jpg



posted by bonjin at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年04月10日

軽自動車ホームレス(番外編)〜電気がなかったら暮らせませんよ!〜


「電気がなかったら暮らせませんよ!」

「北の国から」の第1話で東京から富良野に来た純くんと、五郎さんとの会話。

純「電気がないじゃないですか?」 
五郎「電気なんかいりませんよっ!」
純「電気がなかったら暮らせませんよ!」 
五郎「暮らせますよっ!」
純「夜はどうするんですか?」 
五郎「寝ればいいんですよっ!」


軽自動車ホームレスをしてみて、電気が必要なのは、携帯(スマートフォン)、パソコンとデジタル機器だけで、その他にはそんなに必要性は感じませんでした。

車での電気のシステムはこんな感じです。

バッテリー冷蔵庫.jpg

充電経路は以下のとおりです。

車のシガーソケット→インバーター(DC12VをAC100Vに変換する装置)→バッテリー充電器→バッテリー

直接DC12Vで充電した方がエネルギーロスが少ないのですが、DCの充電制御の機械とか、ヒューズボックスから直接配線をとったりと面倒なので挑戦していません。

バッテリーは軽自動車用のバッテリーと、シールドバッテリー(12V20Ah)2個と合計3個です。軽自動車用のバッテリーは、車のバッテリーがあがった時の予備にもなります。

充電量は、左のオレンジ色のテスターでチェックしています。

いずれもAmazonで調達しました。

写真の右の赤いのは冷蔵庫です。昔、景品でもらったものです。缶ビール(350ml)とか冷やせます。500mlのペットボトルは高さが足りなくて入りません。


USB機器への充電はこれを使っています。0.5Ax1、1Ax1、2Aと4つの機器が同時に充電できるので便利です。4つ全部つないだとき、、2AにiPadをつなぐと充電はちょっと厳しいです。


シガーソケットから3口に分けるソケットもAmazonで調達しました。

自動車は、エンジンをかけていると勝手に発電します。最近の自動車は省燃費のために、電気が必要ない時は、自動車の発電機(ジェネレーター)の負荷を減らすようなシステムが装備されていたりしますが、電気をたくさん使ってもそんなに燃費なんて変わりません。走っている時はどんどん発電させてバッテリーに充電します。

道の駅で、いっしょになったキャンピングカーとか大きなワゴン車には、ソーラーパネルを屋根に装着している車がけっこうありました。電子レンジも使えるくらい重装備な車もありました。

僕の車は軽自動車なので、バッテリーたくさん積んで、ソーラーパネルで空気抵抗が増えて燃費が悪化するくらいなら、エンジン回して発電した方が経済的なので、今のところソーラーパネルは設置するつもりはないです。

10WのiPadくらいのサイズのソーラーパネルは持っています。これです。(←これだけヨドバシカメラ、もう売っていませんが)

追記(2014年7月)
とかなんとかいいながら、結局ソーラーパネル(80W)を装着しました。

軽自動車ホームレス(番外編)〜ソーラーパネル装着〜


posted by bonjin at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年04月13日

軽自動車ホームレス(番外編)〜カーナビがわりに使うNexus7の設置場所〜


3月に購入した、「Nexus7」の車載用のホルダーとかアームとかを、Amazon他いろんなところで探していたのですが、どうもピンと来るものがなくて・・・

で、なにげに、スピードメーターのところに置いてみると・・・
Nexus7カーナビ.jpg

「くーみん!いい感じじゃないですか?」←1%の人しかわからない。

急ブレーキを踏んだら、飛んできそう?いや、たぶん大丈夫でしょう。

GoogleMapの、カーナビ、使えるか?使えないかは?人それぞれかと思います。4車線以上のバイパスのような広い道路を道なりで走っている時に「左ななめ方向です」とかナビされて「ハっと!」する方は使わない方がいいです。

首都高や阪神高速の2段に道路が重なっている時には、出口や分岐がないところで「右方向出口です」とかパニックになりますものね。

あと歩行者専用道路や、一方通行もおかまいなしにガイドしてくれます。

今までは、左側の、androidスマホ「L-02E」を使っていたのですが、やはり画面が小さいと、厳しいですね。ガイドの声しか、たよりにするものはないので、上のような「?」なガイドをされると、一般道だと車を止めて確認するしかないですし、高速だと瞬時に判断して、Googleのお姉さんの指示を無視するしかないです。

知らない町で「ほっともっと」や「日帰り温泉」を探してガイドしてくれるのには重宝します。

ガイドに反抗して違う道を走っても、すぐに別ルートを再検索してくれるのは、元のルートにしつこく戻そうとするカーナビよりはお利口さんです。



posted by bonjin at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

2014年05月11日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・1日目)〜宇多津の謎な道の駅〜


昨年の11月19日から、約半年弱、屋根の着いた家での暮らしを再び捨てて、軽自動車ホームレスになります。

部屋を掃除して、置いていく荷物はこんなに少なくなりました。
5月の荷物.jpg

昨年11月札幌から送った荷物の量です。
2Fの荷物.jpg

今回はダイビング器材一式とテントを積んでます、右側に積んでます。左側は下段がラヴィ、上段がカールのお家です。
車載荷物後ろ.jpg

後席にとりあえず、積み込みます。早速1日目の道の駅で整理しないと収拾がつかない積み方です。
車載荷物後席.jpg

家の中の掃除をしていたら出発は午後4時になってしまいました。快晴です!約半年お世話になった家を後にします。
山科町出発.jpg

四国・九州編というのは、いちおう予定としたら、香川県から四国を時計回りに海岸線沿いを走って、室戸岬、足摺岬を通って、愛媛県の佐多岬からフェリーで大分県に渡り海岸線を南下、宮崎県、鹿児島県と本州最南端を目指します。宮崎県と鹿児島県だけが未踏破なので、今回で、47都道府県すべて踏破することになります。鹿児島から先の予定はまったく未定です。


途中、給油と洗車をして、水島ICから、瀬戸中央自動車道に入ります。日曜日に出発したのは、ETC割引で半額だからです。ワンコ同伴車には定番のドッグランのある鴻ノ池PAでカールとラヴィを放牧。時間的に瀬戸大橋を渡ると暗くなるので明るいうちに外で遊んでもらいます。ここのドッグランって、近場の人が、ドッグランだけのために高速に入るみたいです。水島ICから乗ってドッグランでワンコを遊ばせて、次の児島ICで降りて行きます。ほとんど岡山ナンバーか倉敷ナンバーです。
鴻ノ池PAカールラヴィ.jpg

いつもならお決まりの与島PAには寄らないで、一気に瀬戸大橋を渡って坂出北ICで降ります。渡った瀬戸大橋のたもとにある、「道の駅 瀬戸大橋記念公園」が本日の宿だったんですが・・・到着すると車が全然いません。すぐ見上げると瀬戸大橋です。しばらくいて、ここでお泊まりしない理由がわかりました。瀬戸大橋には、JR瀬戸大橋線という鉄道が通ってます。通過するたびに、そりゃもううるさいです。夜中の1時迄けっこうな本数が走ってますから、そりゃ静かに眠れません。

ということで、車で10分ほどの、「道の駅 うたづ臨海公園」へ移動します。瀬戸大橋から見えていたタワーか高層ビルのすぐそばでした。到着したのですが、夜なのでよくわからない施設がいっぱいあります。

そして道の駅の入口には「恋人の聖地 うたづ臨海公園」と、初めての来訪者には意味不明で、なんかあやしくエロい予感がします。


まず、これ!イメージ的にお菓子屋さんじゃないか、もしかしたら「白い恋人」みたいなのを売っているんじゃないか?
結婚式場宇多津.jpg

門も開放されているので入ってみると、ジャ〜ん!「超ロングリムジン」が駐車中でした。こんな長いリムジンは、実車を間近で見たのは初めてです。
超ロングリムジン.jpg

玄関先を見ると、結婚式場でした。

謎のタワー「ゴールタワー」と名前です。中に入ってみると15分100円の、札幌でいうとレジャスポみたいな、アミューズメント施設でした。
ゴールドタワー.jpg

道の駅の駐車場の海側にあやしく光る施設、GoogleMapによると、「うたづ海ホタル」と茶色に光るのが「復元塩田」だそうです。明日、明るくなってからじゃないと正体は明らかにならないです。
うたず海ホタル.jpg

キャンピング仕様のワゴン車に招待されて、お酒をごちそうになりました。すぐとなりの愛媛県から3日ほどの道の駅泊の旅だそうです。

「恋人の聖地」の名のとおり、深夜になってもカップルが車できて歩いてます。


いろんな謎は、明日解き明かされます。









posted by bonjin at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス