2014年06月10日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・31日目)〜枕崎に舞い戻って、カツオと黒豚を堪能〜


市比野温泉は300年の歴史を誇る温泉です。なんかそこらじゅうちょっと掘ったら温泉がわき出すんじゃないかと思います。
島津の殿様湯の発想.jpg

飲むと身体に、良いみたいです。
道の駅樋脇湯の滝.jpg

こちらの方は、1日中ひっきりなしに水汲みにきます。ご飯を炊く時にもこの水を使うそうです。
道の駅樋脇湯の滝汲み場.jpg

ということで、水汲みルールが掲示されています。
道の駅樋脇湯の滝利用ルール.jpg

足湯もあります。
道の駅樋脇足湯.jpg

毎分1トン以上の湯量だそうです。1時間で3600トン、1日で約9万トン・・凄い!
市比野温泉の由来.jpg

今日は枕崎市に戻ります。日置市のJR伊集院駅
伊集院駅.jpg

駅前には「伊集院まんじゅう」のお店が何軒かありました。名物かしらん?
伊集院まんじゅう.jpg

一昨日のお宿「道の駅 きんぽう木花館」に立ち寄って休憩していると、地元の人が金峰山に登るといいよと勧めてくれたので登ってみることにしました。山頂のすぐ近くまで車で登って行けます。

金峰山山頂
金峰山山頂.jpg

西側の東シナ海方向、うっすらですが海が見えます。
金峰山山頂東シナ海方向.jpg

東側の鹿児島湾方向です。残念ながら海までは見えません。
金峰山山頂鹿児島湾方向.jpg

こんな感じで刻々と雲が流れてきます。
金峰山山頂流れる雲.jpg

金峰山の解説板
金峰山解説.jpg

鹿児島の山は、どこも手入れされた森林が多いと思います。
金峰山手入れされた森林.jpg

「道の駅 きんぽう木花館」から金峰山、下から見ると晴れているように見えるのですが。
道の駅きんぽう木花館から金峰山.jpg

下から見た金峰山山頂付近、天気の良い日にもう一度登りたいですね。
道の駅きんぽう木花館から金峰山山頂.jpg

枕崎市に戻ってきました。今夜はちょっと贅沢に枕崎の美味しい物を食べ尽くそうと思います。
枕崎はまらん会で調べて、枕崎駅前の「味処一福」へ

メニュー、その1
味処一福メニュー1.jpg

メニュー、その2
味処一福メニュー2.jpg

戦後、鹿児島交通枕崎線「鹿籠駅」から列車で出荷していたため「鹿籠豚」と呼ばれるようになりました。
味処一福鹿籠豚解説.jpg

枕崎駅膳2160円(税込み)1段目
カツオの腹皮の天ぷら、ぶえんカツオの刺身、カツオのたたき
味の一福枕崎駅膳その1.jpg

枕崎駅膳2160円(税込み)2段目
鹿籠豚塩焼き、鹿籠豚角煮、鹿籠豚ロースカツ
味の一福枕崎駅膳その2.jpg

2日に分けて食べても充分なくらいの量です。お腹パンパンです。

本日のお宿は、駅のすぐそばの高台の片平山公園です。










posted by bonjin at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
駅前食堂の定食がこの中身ですと〜、那須塩原駅にはありません。
Posted by 二段重ねー、驚く那須塩原市民 at 2014年07月14日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99796611

この記事へのトラックバック