2014年05月29日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・19日目)〜須の川海岸でスキューバダイビング〜


朝、7時過ぎに「道の駅 みしょうMIC」を出発します。

ここからエントリーします。
須の川海岸ここからエントリー.jpg

ダイビングデータ
午前9時43分エントリー(潜りはじめます)
午前10時1分エギジット(水面に浮上)
潜水時間18分
水温21度
最大水深7.3m
平均水深3.4m
エアー消費190→130

やはり、タンクしょってると落ち着いて写真が撮影できます。
須の川海岸1クマノミ.jpg

須の川海岸2サンゴ.jpg

須の川海岸3サンゴ.jpg

須の川海岸4サンゴクマノミ.jpg

須の川海岸5枝サンゴ.jpg

須の川海岸6枝サンゴ.jpg

須の川海岸7サカナ.jpg

須の川公園ウエットスーツを干します。
須の川公園スーツ干し.jpg

スーツも乾いたので、愛南町に戻ります。

実は、潜ってから気付いたのですが、オクトパス(予備の空気を吸うためのレギュレーター)のホースの根元からエア漏れしてました。タンクの空気がすぐになくなってしまうような大量の空気漏れではないのですが、やはり気になります。ビニールテープをぐりぐり巻くだけでなんとかなりそうな気もするのですが、ここは愛南町にもダイビングショップがあるので立ち寄ってみることにします。

愛南町のショップも「ジョニーのセルフダイビングしよう!(柏島)」の「須ノ川海岸でのセルフダイビングハウツーとタンクレンタル場所」に掲載されていました。

マリンショップ富平
愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2300−1
TEL0895-72-0127

本業は、富平醤油醸造所で醤油屋さんです。オーナーさんはダイビングからは引退して、今は娘さんが潜っています。

タンクにつないで、エアーの圧力をかけると、わずかにホースの根元から空気漏れしています。オーナーさんが「よく、気付いたよね!こんな少しの空気漏れ」

いえいえ、自分の命は自分で守るが鉄則のダイビングですがら・・・

根元の「Oリング」交換して修理完了です。オーバーホールここ2年やってませんからと言うと

「オーバーホールなんて必要ないんよ、ダイビングショップを儲けさせるだけだから」

いや、参りました、ということで修理代金を払おうとすると「いらん!」

手持ちの冷やせなくて飲んでいない缶ビール「モルツ」1本を差し上げてショップをあとにします。

戻り道のスーパーにて半額シールにて242円、サバ半身まるごとです。
半額弁当サバ242円.jpg

ほんとうは、本日も「道の駅 みしょうMIC」へ泊まろうと思ったのですが、愛南町は、いいところなので、これ以上滞在するとほんとに長期滞在になりそうなので後ろ髪を引かれる思いで、一気に宇和島を通り越して八幡浜まで車を走らせました。

宇和島自動車道から松山自動車道は西予市(せいよし)の西予宇和インターまで無料区間です。西予市から、八幡浜市へ向かう県道25号線は、なぜだか道路脇に「土器ドキ街道」の標識がたくさんあります。古墳とか奈良・平安時代の遺跡がたくさんあるそうです。

八幡浜市の中心街は、まさに「港町ブルース」な風上です。「み〜なと、高知、高松、八幡浜〜」って、道の駅に着いたらさっそく、「iTunes Store」でiPhoneに、森進一の「港町ブルース」をダウンロードしちゃいました。あと、小林旭の「昔の名前で出ています」も似合いそうです。

って、本日のお宿は、夜の町に歩いて行ける距離にある「道の駅 八幡浜みなっと」です。港町の、「しのぶ」か「なぎさ」に沈没してしまっても困るので夜の街には繰り出しませんでした。







posted by bonjin at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99769141

この記事へのトラックバック