2014年05月20日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・10日目)〜しょうがない〜雨の日はしょうがない〜


予報通り、雨が凄いんですが、1日中、車の中にこもりっきりで動かないのもと思いまして、おとなりの土佐佐賀にある「道の駅 なぶら土佐佐賀」へ向かいました。

雨が凄いんです.jpg

「なぶら」っていうのは、いわしとかの小魚の群れの上に鳥が集まって、それを狙って、かつおが集って、そこを狙ってかつお漁の漁船がそこで、かつおの一本釣りをするのです。
道の駅なぶら土佐佐賀.jpg

たぶん、名物船長のキャラクターだと思うんですが誰だかわかりません。
カツオのおじさん.jpg

テレビでも話題になった、日本一の水揚げを誇る、カツオ漁船だそうです。
明神丸.jpg

藁焼き実演販売です。
藁焼きカツオタタキ.jpg

背の部分1本から3人分を切り分けてました。僕のはしっぽの部分で、ちと不満が残ります。かつて「料理の凡人」というお店をやっていた、元さかなの料理人からすれば、頭に近い部分と、しっぽの部分では2倍値段に差を付けてもいいくらい旨味が違います。とかなんとか、ウンチクを語りはしますが、普通に美味しかったです。
カツオたたき650円.jpg

サラダ切り干し大根、どちらも各100円です。
サラダ切り干し大根.jpg

本日のお宿も昨日に引き続き「道の駅 ビオスおおがた」です。夜になると天気予報通り雨も上がり、カールを車から出してお散歩しました。




posted by bonjin at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
一皿100円の乗りは、飯の半田やを思い出すのは、皆さん私、独りでしようか。
Posted by 那須塩原市民は思う at 2014年05月28日 23:15
高知市に今年の正月に食べ歩き少旅行を。カツオのわら焼きの塩叩きの美味いこと!ウツボもぷるぷるして絶品でしたよ。
Posted by 高知県民はカツオレベルが高いと痛感した那須塩原市民 at 2014年05月28日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98223131

この記事へのトラックバック