2014年04月20日

第74回皐月賞の結果〜「皐月賞馬を3馬身ちぎったハープスター」と、いつまで言われるのか?〜



2番人気のイスラボニータが1番人気トゥザワールドを鮮やかに差し切りました。終わってみればイスラボニータが、唯一の重賞2勝馬だったわけで、いわゆる実績上位の結果となりました。

連対率1.000の残りの2頭、アジアエクスプレスは先行して少しだけ力つきて6着、無敗のトーセンスターダムは、全然いいところなく11着でした。唯一の参戦牝馬バウンスシャッセ(フラワーカップ1着)と同着というのは、今年の牡馬と牝馬の実力比較のモノサシになるのでしょうか。

3着は、逃げて粘ってのウィンフルブルーム、一番強い競馬をしました。朝日杯3着、複勝率1.000の力は十分発揮しました。

横山典さん騎乗の4番人気ワンアンドオンリーは、3コーナー最後方から捲って追い込んで届かずの4着でした。ゴール前一番勢いがあったのは、この馬ですね。


さて皐月賞馬イスラボニータを新潟2歳Sで3馬身ちぎって勝った桜花賞馬ハープスターですが、競馬ファンとしては、ぜひダービーで対決してほしいものです。今のところダービーに登録はあるようですが、大人の事情でダービー出走はないようです。

そのハープスターを阪神JFで破ったレッドリヴェールがダービー出走予定なので、いすれにしても今年のダービーは楽しみですね。

ウオッカ以来の牝馬のダービー制覇となるか?




posted by bonjin at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
ホンの少しのさしちがいでしたね。競馬は難しいですね。
Posted by 那須塩原市民 at 2014年04月23日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93622085

この記事へのトラックバック