2014年03月17日

昔の日本航空(JAL)のミニスカ制服


スカイマークのミニスカ制服がいろいろ話題になってます。

昔の日本航空(JAL)のミニスカ制服のこと。
どのくらい昔かというと、紀比呂子が主演のTBSのテレビドラマ「アテンションプリーズ」の頃ですなぁ〜!

こんな感じの制服です。

ドラマが1970年放映なので、まだジャンボ(B747)がなかった頃です。国内主要路線はDC-8でした。


前置きはこのくらいにして、この頃のミニスカ制服ですが、はっきりいって、機内持ち込み荷物を入れる上の棚に手をのばすと、パンツ見えます。

Tバックなんてのは、まだなかった頃なので、中身は黒パンストと黒パンティーが標準装備、乗客のみなさんも、いつも見慣れている光景なので、発情して、おかしな行動をとる方はいませんでした。


ところで、今どきは、CA(キャビンアテンダント)とか、FA(フライトアテンダント)とか、CC(キャビンクルー)とかいうみたいですが、スッチーでええやないかと思うんです。

スチュワーデス物語

懐かしいですね〜!堀ちえみの「教官!私はトジでノロマな亀です」の迷セリフ!





posted by bonjin at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90661287

この記事へのトラックバック