2014年03月07日

馬券を買う人と、馬を走らせる人のそれぞれの事情


ほんの少し前に、有馬記念だったのに、もう春のクラシック(桜花賞、皐月賞)のトライアルレースのチューリップ賞と弥生賞が今週末に実施されます。

馬券を買う側の論理だと、3着までに入着することばかり注目しますが、馬を走らせる側の、馬主、騎手、調教師、厩務員にとっては、3着以内だけが目標ではありません。

弥生賞、1着5200万円、2着2100万円、3着1300万円、4着780万円、5着520万円、8着でも260万円です。
チューリップ賞、1着3400万円、2着1400万円、3着850万円、4着510万円、5着340万円、8着でも170万円です。

新馬、未勝利を買って、500万条件平場だと1着賞金720万円、500万条件特別だと1着賞金980万円、オープン特別だと1着賞金1900万円です。

重賞だと賞金が高い、さらにトライアルだと、間違って激走して3着以内に入着すればクラシックの出走権利もとれちゃうわけで、そのへんを自己条件の相手関係と、入ってくるであろう賞金を天秤にかけて出走してくるわけです。

もちろん、馬主の夢であるクラシック出走という競馬のロマンがないわけじゃありません。

弥生賞

実績上位から順にならべると

トゥザワールド 3連勝中(未勝利、500万特別、オープン特別)重賞5勝のトゥザグローリーの全弟という良血、当然の一番人気

ワンアンドオンリー ラジオNIKKEI杯1着、すでに皐月賞出走の賞金条件は満たしているのですが、ひと叩きの年明け初戦はいかに?

アズマシャトル ラジオNIKKEI杯2着、3戦1勝、連対率10割

キングオブザサン 京成杯2着、4戦2勝、連対率0.75、トゥザワールドの勝った500万特別で4着が唯一の馬券圏外

アデイインザライフ 新馬勝ちから、いきなりの重賞挑戦の京成杯3着、キャリア2戦目で重賞に再び挑戦、父ディープインパクト、母父サクラバクシンオー(母父としても2000m勝ちは非常に珍しいです)

エイシンエルヴィン 未勝利勝ちの次走いきなり重賞挑戦、きさらぎ賞で3着

イタリアンネオ 未勝利、500万特別と2連勝中

エアアンセム 新馬、オープン特別(弥生賞と同じ中山2000m)と連勝、前走(京成杯)の11着が気になるところですが

サトノロブロイ 前走500万特別勝ち、朝日フューチュリティ(GI)8着、オープン特別京都2歳S3着

ウンプテンプ 前走東京1800mを持ったままで新馬勝ち、父メイショウサムソンの期待の星

って出走13頭のうち10頭も注目馬が出走、かなりレベルの高いレースになりそうです。勝てば有力なクラシック候補となりそうですが、こういうときに限って「なんじゃこりゃ?」な結果になりそうで、はっきりいって全然わかりません。順当な結果といっても人気順が順当な結果になるのかどうか?今年になって乗りに乗っている横山典騎手のワンアンドオンリーに注目か?

チューリップ賞

ハープスター 説明不要のダントツ1番人気!新潟2歳Sを後方一気で勝った時からダービー馬と大騒ぎ、前走阪神ジュベナイルF(GI)2着も、騎手のせい?展開不利?を理由に、相変わらず、桜花賞勝ってダービー、その後、凱旋門賞挑戦とかホンマかいな!まあ、このメンバーでは、もったままちぎって勝って当たり前のメンバーです。さて結果は明日出ます。

シャイニーガール 前走オープン特別エルフィンS(1600m)勝ち、父はディープインパクトの全兄ブラックタイド、種付料は弟の20分の1以下、下克上なるか?

ヌーヴォレコルト 未勝利、500万特別と連勝中の年明け初戦、出走3戦は全部芝1600m

ビートゴーズオン 未勝利、500万平場と連勝中も、いずれもダート1400m、初芝はいかに

オープン馬は以上です。これでハープスターが負けたら、今年のダービー馬って持ち上げてきた人達は全員坊主頭にしなくっちゃ!



いずれにしても、弥生賞は見ものです!!









posted by bonjin at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89477761

この記事へのトラックバック