2014年02月23日

採点競技はなんだか競技が終わってもモヤモヤ感が残ります


ソチオリンピックも本日で終了です。

スキーのモーグル、フィギアスケート、なんだかテレビ観戦が終わった後もモヤモヤ感が残ります。

極論すれば、レコード大賞や、紅白歌合戦の出場者の決定や、そんなところと同じ感覚です。ボクシングの3兄弟よりは、ちょっとましというくらいだと思います。

フィギアスケートは、演技を見てて美しい選手が成績上位になればいいんだと、僕は思います。

3回転ジャンプなんて、前向きに踏み切るアクセル以外は、解説の八木沼さんが「トリプルルッツ」「トリプルフリップ」と言っているのを聞いていても、普通の人はわからないんじゃないかと思います。

どんな種類のジャンプでも、高く綺麗に飛んで回転して、鮮やかに着地すれば、それでいいんです。何種類飛んでも見ている素人にはわかりゃしないんですから。

しかし選手のみなさんは小さい時から練習して、お金をかけて頑張ってきたわけですから、メダルがひとつというのは、なんだかかわいそうです。ショートプログラム、フリースケーティング、ジャンプと3種目あったら、みんなメダルを分け合って幸せになれるのにね。

今はまだ日本ではマイナー競技みたいですが、スノーボートクロスとスキークロスは、見ていておもしろいですよね。ルールなんて知らなくても単純明快、4人滑って、最初にゴールしたもん勝ち。わかりやすくっていいじゃないですか。

基本、ウィンタースポーツはヨーロッパ発祥のスポーツがほとんどです。採点競技は、日本をはじめアジアが強くなれば、ルールを変えてでも勝たせないようにするのは、今に始まった事ではありません。

それにくらべて日本発祥の柔道なんて、わけわかんないルールにどんどん変わっていって、「1本」と「技あり」だけのシンプルな潔いルールがいつのまにかおかしくなっちゃって、ポイント稼ぎのグダグダな試合になってしまいました。日本甘過ぎですよ。柔道のルールなんて「講道館」が決めればいいんです。というか、昔のルールから変える必要なかったんです。

フィギアスケートに戻りますが、僕はキムヨナの演技が、一番美しいと思います。優雅でスピードのあるスケーティング、さりげなく何事もないように飛ぶジャンプ、別に、あの国とあの国の人々は全般的に好きではありませんが、そういう事はぬきにして、あくまでフィギアスケーターとして素晴らしいと思います。

ラジオ体操しているような上半身の動きで滑って、「ジャンプ命」な選手とは、競技の種目が違うんだと思います。それを同じ土俵で点数をつけて競技することがおかしいのじゃないでしょうか。

20年以上も前に、トリプルアクセルをピョンピョンと飛んでいた「伊藤みどり」さんなんか、自虐的に「私がブスじゃなかったら」ってテレビに出て言ってたような記憶あります。カタリナビットの美しさとスタイルを持っていたら現役時代はずっと世界チャンピオンだったはずですよ。




posted by bonjin at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88215242

この記事へのトラックバック