2013年11月19日

日本の空を返してくれ


先月(2013年10月)千葉県の南房総に1週間くらい滞在して思ったんだけど、前から知っていたことではあるけどもね!

日本の空は、関東の上空と、沖縄の上空はいまだに、1945年当時と変わらず米軍の占領下にあります。羽田空港に着陸する飛行機のほとんどは、房総半島を横切って、木更津のアクアライン上空から着陸態勢に入ります。

沖縄はというと、沖縄本島に近づくと、低空飛行を強制されます。1000フィート以下だったような記憶ですが、それより上は米軍が使用する空域です。

これ、いままでずっと当たり前のようなルールで行われているのですが、大きく報道されることもなく、政治家もほとんど口にすることもなく、国民は「なんで遠回りするのかな?」って思っているくらいです。

今までの数十年の間に無駄に使った航空燃料と、時間(1機数分ですが)の積み重ねは膨大なものになります。

早い話、横田基地と、厚木基地と、嘉手納基地と、普天間基地を返してもらえば解決する問題なんです。

横田基地=東京西空港、厚木基地=神奈川空港、嘉手納基地=沖縄国際空港にすると、羽田空港と、那覇空港の混雑は一気に解消するのではないでしょうか。

あ、それに、木更津にある、陸上自衛隊航空基地も1800mの滑走路があるので民営化するととても便利になります。




posted by bonjin at 14:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会
この記事へのコメント
横田、厚木、の2軍事空港を一般人向けの空港に併用したらば羽田の混雑が如何に解消されるだろうか。北の守り千歳基地が併設されてる様に。我が栃木県の宇都宮自衛隊基地も公民混合形式をとったら如何にスムーズに人員の輸送に有益だろうか、経済効果も現状を打破するだけの恩恵を栃木県に落とすのではなかろうか?栃木県の唯一の世界遺産、日光は近頃亜細亜を含めた外国人が又戻ってきた感じがしました。大震災後徐々にせよ目だって増えてきた。ここで空のローカル線を増やすのです。少人数の小型機でも充分。新たに造るのでは無くて、今有る施設へ手を加えて。どうでしょうか。
Posted by 千歳空港の半分がそうで有るように、那須塩原市の松じー at 2014年10月07日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80933379

この記事へのトラックバック