2013年10月15日

軽自動車ホームレス(14日目)〜東北6県通過!台風通過待ち〜


昨日、真っ暗な中、到着した「道の駅七ヶ宿」夜が開けると、素晴らしい風景が広がりました。

雲海が湖面近くまで降りてきて、なんとも神秘的です
七ヶ宿湖.jpg

七ヶ宿ダムによって出来た人造湖です
七ヶ宿湖看板.jpg

七ヶ宿という地名は、古くは七つの宿場が置かれたことに由来するそうです。今でもその面影を残しています。
七ヶ宿街道.jpg

山形県に入ります。これで本州で足を踏み入れたことのない都道府県は和歌山県だけになりました。
山形県境.jpg

「道の駅たかはた」(山形県高畠町)ここでふもとの町の中心部にある町営温泉を教えてもらいました。
道の駅たかはた.jpg

本店というか大きな温泉施設がJR高畠駅に併設してあるのですが、本日は定休日です。

こちらは小さいながらも落ち着いているおもむきの「温もりの湯」入浴料なんと300円です。いい湯でした。
温もりの湯.jpg

米沢市を抜けて、福島県喜多方へ向かう国道121号線を走ります。分岐地点で、はやくも「この先50キロ」の喜多方ラーメンの看板が・・・
喜多方ラーメン看板.jpg

山形県で最後に立ち寄った「道の駅田沢」(米沢市)直売所で、今年の新米「はえぬき」2キロ買いました。
道の駅田沢.jpg

福島県内に入りました。「道の駅喜多の郷」(喜多方市)は、バリバリ観光化されてます。会津地区は、NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台となっています。会津地方は、幕末、明治維新でドラマの舞台になることが多く、もうタイアップは手慣れたものという感じです。

さて、台風26号です。明日午前関東地方を通過する予報です。そろそろ雨が降り始めてきました。栃木県那須塩原市に、友人が住んでいます。明日の宿をお願いしていたのですが、急遽、今日の宿からお願いすることにしました。

会津若松から、猪苗代湖の南側を抜ける国道294号線で白河市を経由して、栃木県へ急ぎます。午後6時頃那須塩原市の友人宅に到着。友人は不在のまま、ガレージ前に車を止めて、そとの水道を使って、さっき買った「はえぬき」の新米で炊き込みご飯を作りました。

無人の他人の家に車を止めて、飯を炊くなんて、「かなり怪しい」光景ですね!

雨足もかなり強くなって風も強いなか真っ暗だったので、写真は翌朝残りをタッパーに入れて撮影
炊き込みご飯1015.jpg

気がつけば本州上陸1000キロをはるかに越える1167キロです。
走行1167キロ.jpg

友人宅で、酒飲んで、積もる話もほどほどに、久々に床の上で寝ました。

2013年10月15日




posted by bonjin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78315759

この記事へのトラックバック