2013年10月12日

軽自動車ホームレス(11日目)〜新山根温泉にて休息日?〜


フェリーの長旅と、昨日の300キロ以上の移動がこたえたのか、カールとラヴィもストレスがたまっています。ということで今日はあまり動かないで、2人のために芝生を求めて近くを散策しようと思います。

はじめてコンロでお湯を沸かす以外の調理をしました。といっても目玉焼きです。
朝の目玉焼き.jpg

「道の駅のだ」ですが、なんか居心地よくて気に入ってます。
道の駅のだ.jpg

三陸鉄道の「陸中野田駅」と併設です。
陸中野田駅.jpg

一番近くの温泉「新山根温泉 べっぴんの湯」へ向かいます。地図で見ると標高500m近い白石峠を越えなければ行けないので、かなり険しい道を覚悟していたのですが・・・

岩手県道29号線、林道29号線じゃないですか〜!
岩手県道29号線.jpg

「新山根温泉 べっぴんの湯」強アルカリ湯pH10.8だそうです。お湯に入った瞬間、温泉レポート風だと「お肌すべすべ!つるつる!」っていうのですが、お肌ヌルヌルという表現がピッタリです。全然、温泉マニアじゃないのですが、いいお湯です。今日は夜は風が強く体感温度はかなり低いはずですが、夜まで身体はまだポカポカです。もう一度行きたいと思います。入湯料は、なんと400円、札幌の銭湯の料金420円より安い!しかもシャンプーとボディーシャンプー付きです。お昼だというのに、駐車場はけっこういっぱいでした。
新山根温泉べっぴんの湯.jpg

駐車場のそばの草地でカールとラヴィを1時間ほど遊ばせました。
新山根温泉カールとラヴィ.jpg

この一帯は「山根名水四十八泉」といって、自然の湧水がたくさんあるそうです。
名水四十八泉.jpg

帰りは、もう1度、険しい峠越えする元気はなく、久慈市方面へ下って行きます。同じ岩手県道とは思えないくらい快適な道路です。

長内川に沿って下って行きます。美しい渓谷が続きます。
長内川渓谷.jpg

「海の見えるダム」の標識に誘われて寄ってみた「滝ダム」
滝ダム.jpg

ダム堤から久慈市街地とその先の海が見えます。
滝ダムより海.jpg

久慈市街地にを通過するのも、もったいないので、市内散策。「道の駅くじ」は駅の近くにあり、駐車場は満車。少し上の臨時駐車場へ車を止めて、歩いて久慈駅へ。

三陸鉄道久慈駅、ドラマのように中に喫茶店はありません。あれはセットです。
三陸鉄道久慈駅.jpg

車を止めた場所のすぐ上は「巽山(たつみやま)公園」ここでも、カールとラヴィを放牧。地元の子供達に遊んでもらいました。
ラヴィ久慈.jpg

久慈市内の中心部は、ドラマの影響で車も人もいっぱいです。5時ちょうどに「潮騒のメモリー」が町中に流れてました。

本日も「道の駅のだ」にて車中泊です。風が強くて車が揺れます。









posted by bonjin at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
目玉焼きの発色良いですね。旨そうです!いかにも卵が新鮮そう
Posted by 栃木県民カミングアウト at 2013年10月14日 01:35
ここは目玉焼きを観賞して感情移入するシインでなくて緑色滴りながらも紅葉が始めた県道または林道が見所なのでは?押し付けまがしくご免なさい、今度栃木さんには宇都宮市の餃子をご馳走しますのでご勘弁を
Posted by ラー博好きの51歳男独身 at 2013年10月14日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78034501

この記事へのトラックバック