2013年09月05日

僕がMacに乗り換えた理由


初めてパソコンを買ったのが、平成1年でした、MS-DOS Ver.3.3Cでした。それから20数年、購入したパソコンは・・・何台か覚えていないのでメーカー別に思い出してみよう。

NEC・・ノート2台
EPSON(98互換)・・ノート1台、ラップトップ1台、デスクトップ2台
DEC・・デスクトップ2台
COMPAQ・・デスクトップ1台
IBM(レノボ含む)・・ノート2台、デスクトップ1台
パナソニック・・ノート1台
三菱・・ノート1台
デル・・デスクトップ1台
EPSONダイレクト・・ノート1台
自作・・デスクトップ(マザーボードベースで)12台(CPUはたぶん20以上買っていると思う)

で合計、ノート8台、ラップトップ1台、デスクトップ19台

いやー凄いですね〜この間、OSもWindowsXPまでは各世代複数購入していますから、インテルとマイクロソフトの利益にずいぶん貢献していますね。

パナソニックのレッツノートがWindows Vistaで、買ってすぐ長女に譲っちゃったんですよね。理由は、OutLook Expressのメールストア(メールのデータ)の互換性がなくなって、インポートして変換しないと使えなくなっていたからです。

僕は、普段使うデータは、2.5インチのポータブルハードディクに入れて、使うパソコンにその都度差し替えて使っていたわけです。もちろん同じ容量のハードディスクにバックアップもとっていました。クラウドが当たり前に使えるようになった今では、メールデータはもうそうした運用はする必要はないのですが、昔は同じ環境を持ち歩くには、こうするしかなかったんですよ。

だから、今唯一残っている、EPSONダイレクトのノートパソコンも、WindowsXPのままなわけです。

WindowsXPも近いうちにサポート打ち切りだし、いきなりMacというのもね、ということで、iPod Touch(第4世代)を2011年10月に買って、はじめてアップルの世界を覗いてみたわけです。それで1か月後、Mac Book Airの11インチを購入しました。

Mac Book Airを購入してもまだまだメインはWindowsマシンでした。昨年(2012年)5月で、自分で運営するサイトを手放して、仕事としてサイトのメンテナンスをする必要がなくなった矢先の翌月、メインで使っていたノートパソコンのキーボードにコーヒーをこぼしちゃったのよ。

反応しなくなったキーが、覚えているだけで「シフト」「A」「S」「D』「Delete」「BS』・・もうパソコンとしては機能しないレベルです。

よっしゃー!「全面アップル移行!」とここで決断したわけです。

今でも、Windowsマシンでコストパフォーマンスが高いものがあれば購入しようかと思ってますよ!でもUltra BooKにしても、10万以下では、とてもじゃないMac Book Airにかなわないものばかり。逆にAndroidのタブレットやAndroidパソコンの方が安いし、いいんじゃないのと思うほどです。

Mac、iPad、iPhone、iPod Touchまで、同じ感覚で操作出来て、メールと写真は、iCloudで同期できる、もうWindowsには戻れないです。

Excelの代わりになるアプリケーションを求めて、Numbersを使ってみましたが、さすがに使えません、ローカルでは「Open Office」データ共有では、Googleドライブでなんとか代用しています。そのうちSkyDriveを試してみようと思いますが、今のところ不都合はあまりないもので・・・

ということで「僕がMacに乗り換えた理由」は、ノートパソコンのキーボードにコーヒーをこぼした、というのが理由というか、きっかけでした。

ぜんぜん、話に落ちがないよね!

すまん!


posted by bonjin at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74113938

この記事へのトラックバック