2013年08月24日

僕と北海道とテンポイント


僕が北海道に渡ってきたのは1977年(昭和52年)19歳の春でした。

恥ずかしながら、受験した大学全部不合格で、札幌予備学園で浪人生活を送るためです。

にもかかわらず予備校なんて、たぶん5日くらいしかいってません。

現在すすきのにある駐車場ジャンボ1000(南4条西6丁目)が、まだ平面の駐車場だったころバイトしていました。

お客さんの車が入ってきたら、車を預かって、隙間なく車を並べる。お客さんが戻ってくると、車を出すの繰り返しです。時給は330円だったかな?

4月29日天皇賞の日もアルバイトでした。この季節にはめずらしき雪が降っていました。

待機小屋の中のテレビでテンポイントが勝つところを見ました。


杉本清アナの実況です。

テンポイント先頭だ、テンポイント先頭だ、 今日は外のほうが怖いぞ。

しかしテンポイント、これが夢に見た栄光のゴールだ、 テンポイント1着、テンポイント1着、テンポイントです。

待ちに待った栄光のゴール板、大歓声に送られまして、見たかテンポイント、 栄光のゴールを通過しました。

勝ち時計は3分21秒7、勝ち時計は3分21秒7です。

ついにやりました、ついに春が訪れましたテンポイント。



北海道はしばらくして春が訪れました。


posted by bonjin at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73224718

この記事へのトラックバック