2013年08月18日

アヤパンはフジテレビの女神だった


飛ぶ鳥を落とす勢いだったフジテレビが低迷し始めたのは、アヤパン(高島彩)の退社の頃からなんじゃないかと思います。

アヤパンが辞めたから低迷し始めたのか、はたまた、このままではフジテレビが低迷して行くと思ったからアヤパンが辞めたのか、それはアヤパンにしかわからないことです。

僕にとってアヤパンは、「お嫁さんにしたいNo.1」くらい大好きでした。

アヤパンが好きだから、ふだんテレビをつければチャンネルは「8」にほぼ固定、実際当時は、フジテレビの番組はおもしろいものが多くほとんど他局を見ることはありませんでした。

最近はというと、テレビ朝日メインでサブ日テレとテレビ東京、どうしてもという番組のみ、フジテレビとTBSという感じです。

アヤパンもフジテレビの番組に出演しても、やっぱり社員じゃなくて、フリーの立場なので、昔にくらべて、気配りのフォローやツッコミで遠慮しているような気がします。

いずれにしても、アヤパン退社後、続々と主力の女子アナが結婚、退職、いったいフジテレビはどうなってしまうんでしょうね。


posted by bonjin at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72729953

この記事へのトラックバック