2013年08月15日

2013年安田記念と宝塚記念 岩田騎手と内田騎手のせめぎ合い


2013年安田記念1着ロードカナロア(岩田騎手)10着グランプリボス(内田騎手)
2013年宝塚記念1着ゴールドシップ(内田騎手)3着ジェンティルドンナ(岩田騎手)

1600mの安田記念、2200mの宝塚記念、一見関連がなさそうに見える2つのレース、直線前の4コーナーまでの2人の騎手のせめぎ合いは見ていてさすがと思わせるものでした。

両レースでの岩田騎手の直線アタック攻撃には触れないこととします。

まず安田記念

グランプリボスは2番人気でしたが、スプリンターのスペシャリストの領域からマイル戦に挑戦するロードカナロアには当然負けられないレースでした。岩田騎手もライバルはグランプリボス1頭ということを認識していたと思います。直線に入るまでの4コーナまで、内田騎手のグランプリボスをぴったり外からマーク、内に封じ込めることに成功しました。直線グランプリボスは何度も行き場を失って加速と減速の繰り返し、10着の惨敗です。着順こそ二桁ですが、僕はそんなに負けているとは思いません。これで評価を落として人気も落ちる秋が美味しいんじゃないかと思います。グランプリボスいつもそういう時に限って走ります。

続いて宝塚記念

ゴールドシップは2番人気でしたが、鞍上の内田騎手は、相手はジェンティルドンナ、安田記念の雪辱すべく、岩田騎手をターゲットに絞っていました。今回はゴールドシップが道中ジェンティルドンナの外3コーナーから4コーナーにかけてジェンティルドンナの出方を伺い4コーナーで加速するところでジェンティルドンナを封じ込め、安田記念の仇をうちました。

2つのレースの外から内の馬を封じ込めるというのは、一流騎手のフェアープレイとして見せる技術だと思います。テレビを見ていて思わず画面に向かって「うまい!」と叫んでしまいました。


posted by bonjin at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72465762

この記事へのトラックバック