2015年03月10日

「Apple Watch」発表、時計はあなたの腕に戻ってくるのか?


僕は、携帯電話(古くはPHS)を持つようになってから、普段の生活で腕時計をすることはなくなりました。

マラソンをするときランナーズウオッチ、ダイビングをするときダイビングコンピュータを腕につけます。それ以外は、腕時計はつけません。

ロレックスとかは、洋服や靴やアクセサリーなど、その人自身のトータルファッションとして現在も存在しているのだと思います。

いわゆる機械式の腕時計は、親子三代にわたって使い続けてもたぶん、現在でも一流ブランド品なら修理ができます。

「Apple Watch」は100年後に存在するのでしょうか?バッテリーは永久に供給するつもりなのかな?

電池寿命は
「連続駆動時間は約18時間とアナウンスされている。内訳としては、18時間のあいだに90回の通知、45分のアプリ使用、30分の音楽再生を伴うエクササイズという想定でテストが行なわれている。」

さて発売後は、どうなることやら?


posted by bonjin at 20:05| Comment(1) | TrackBack(0) | テクノロジー
この記事へのコメント
機械式の腕時計、まさしくギヤや、歯車が時を刻んでます。部品が残っていれば親子で使えますね。デイープな世界ですが、松じーの好きなライカのカメラに少し、相通じるものが多々有りますね。不便ですが。
Posted by デイープなんじゃろうな、那須塩原の松じー at 2015年03月12日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114919470

この記事へのトラックバック