2015年01月25日

ヤマト運輸がメール便の取り扱いを2015年3月末で廃止する本当の理由


報道によると郵便法による親書なのかどうかの判断ができないとかなんとかで、メール便を廃止するということなんですが・・・

そんなもん、一言、こんなめんどくさいこと1通82円で、もうやってれないというのが本音だと思います。

佐川急便がAmazonの配送から撤退して、Amazonだけでも大変なのにね!

時間指定配達とか、自らやってきたサービスの向上が、だんだんと崩れてくるんです。

時間指定なのに不在で、何度も不在通知を置いてくるドライバーさんや、毎日そのたびに営業所でその荷物を積み下ろすアシストさんの身にもなってみろよ!っと思うのです。

不在のやつに限って、1.5リットのペットボトル12本だったりします。1週間も不在が続くともう箱はボロボロになります。それで文句を言われたってね〜!

そのうち、荷主の値下げの運賃交渉なんてできなくなりますよ!荷主も注文主も運送業者さんに「運んでいただく」ようになるんじゃないかな!



posted by bonjin at 00:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会
この記事へのコメント
それはみあって無さ過ぎますね、むしろ、異常事態ですよ。
Posted by なるへそ、那須塩原の松じー at 2015年02月08日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112566094

この記事へのトラックバック