2014年12月01日

軽自動車ホームレス(2周目・65日目)〜日本人なので伊勢神宮参り〜


本日は、僕も日本人なので1度は伊勢神宮にお参りしたいと思いまして、伊勢市に向かいます。

道の駅の近くにある、東海道五十三次の関宿、そのまま時代劇の撮影にも使えそうな風景です。古くは古代東海道(奈良・平安時代)の鈴鹿関がこの地にあったとする説もあるそうです。
関宿旧東海道.jpg

亀山で目にした「トンテキ」でも思ったのですが、「ステーキ」→「テキ」の言語文化は三重県以西なのかな?僕の生まれた岡山でも「ビフテキ」です。いやステーキはビーフがあたりまえなので、「今日はテキ」というと、「今日はビーフステーキ」という意味なのです。
松坂市ビフテキ.jpg

昨日、伊勢市の地図を見て、伊勢神宮が外宮と内宮の2つあることをはじめて知りました。伊勢市駅(JR・近鉄)の近くにあるのが外宮です。

こちらの駐車場は無料です。
伊勢神宮外宮(げくう)駐車場.jpg

神宮外宮入り口鳥居
神宮外宮入り口.jpg

豊受大神宮(とようけおおみかみ)という衣食住の恵みを与えてくださる神様を祭っているのが外宮だそうです。
神宮外宮説明.jpg

伊勢市駅(JR・近鉄)方面の参道を歩いてみました。

赤福外宮前特設店
赤福外宮前特設店.jpg

赤福メニュー
赤福メニュー.jpg

旅館山田館、いい味出してますね〜!
旅館山田館.jpg

旅館山田館2.jpg

菊一文字本店、刃物屋さんです。
菊一文字本店.jpg

内宮(こっちはテレビとかでいつも出てくる伊勢神宮です)は、駐車場が有料(1回1000円)です。少し歩くのですが、五十鈴公園の駐車場は無料で利用できます。そのまま通り過ぎて伊勢志摩スカイラインの料金所まで行ってしまいました。ちなみに料金は1220円、間違って来る車が多いのがUターンするよう誘導してくれます。
五十鈴公園駐車場.jpg

駐車場入口には「公園利用者以外は駐車しないでください」とあるのですが、しっかり伊勢神宮までの案内板があります。
五十鈴公園駐車場利用者以外は.jpg

五十鈴川にかかる浦田橋を渡ります。そう本日は12月1日、赤福の「朔日餅(ついたちもち)」の発売日です。購入するため、このあたりから並んでいるのをテレビで見たことあります。
うらた橋.jpg

横断歩道がないと思ったら地下道です。
おかげ参道地下歩道.jpg

おかげ参道
おかげ参道.jpg

おかげ参道にあるファミリーマート
おかげ参道ファミマ.jpg

赤福本店
赤福本店.jpg

伊勢神宮内宮入り口の鳥居
内宮入り口.jpg

ご存知、天照大神(初代天皇神武天皇は天照大神の孫の孫の子供です)が御祭神です。
内宮説明.jpg

伊勢市の海の方に行ってみました。二見海岸にある夫婦岩、この看板の写真や、富士山を背景にした写真で有名です。
夫婦岩こっちのほうが.jpg

この先に夫婦岩があります。
この先夫婦岩.jpg

僕としては、日本三大がっかりの、ダントツの1位だと思います。日本の海岸線をほとんど旅した僕にとっては、なんじゃ?こんな岩です。(日本各地に夫婦岩は、たくさんあります。)
夫婦岩.jpg

天照大神が隠れ、世界が真っ暗になった岩戸隠れの伝説の舞台である「天の岩戸」、天岩屋(あまのいわや)、天岩屋戸(あまのいわやと)ともいいます。ここでは「天の岩屋」です。「天の岩戸」も全国にたくさんあります。天照大神さまも全国行脚で大変です。
天の岩屋.jpg

ここで一番の風景は、今まで見たなかで、一番すごい「なぶら」を追いかける「鳥山」
なぶら.jpg

本日のお宿は「道の駅 伊勢志摩」となりは、場外馬券売り場です。
道の駅 伊勢志摩隣は場外馬券.jpg

そのお隣は、伊勢志摩芝桜公園
伊勢志摩芝桜公園.jpg

季節じゃないので芝桜は緑色です。
芝桜季節じゃない.jpg


posted by bonjin at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
旅館山田館もファミリーマートも良い味を出してますね〜。街全体が明治、大正、昭和のNHKの朝の連ドラの撮影のセットの様ですね。努力してますね。こうじゃないと観光スポットにもならないし観光客を引っ張れませんよね。本当に街全体が努力しているのが痛い程わかります。宇都宮市なんかコンクリートの城を作って、お寒いもんです。凡人さんもお伊勢参りをするのですね。やはり日本人なのですなー。
Posted by 那須塩原の松じー at 2014年12月02日 12:13
ところでナブラが気になりました。ボラの群れでしょうか?ルアーを投げたら1投で1匹来そうですね。海なし県には、これが無いんですね。残念ながら。海釣りに転向しょうかなあー。
Posted by ところでナブラが気になる那須塩原の松じー at 2014年12月02日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106128008

この記事へのトラックバック