2014年10月12日

軽自動車ホームレス(2周目・15日目)〜到達難易度最難関の本州最東端〜


朝は、冷え込んで少し寒かったです。最低気温も10度を切って、東北地方もそろそろ紅葉がはじまります。

「道の駅 さんのへ」を出発すると、すぐに岩手県に入ります。国道4号線に別れをつげて、国道395号線で「あまちゃん」の久慈市方面に向かいます。

軽米町国道395号からの紅葉、こういうなんでもない風景が素敵です。
九戸郡軽米町国道395号線紅葉1.jpg

九戸郡軽米町国道395号線紅葉2.jpg

九戸郡軽米町国道395号線紅葉3.jpg

「道の駅 おおの」
道の駅 おおの.jpg

「道の駅 おおの」から久慈平岳
道の駅 おおのから久慈平岳.jpg

放送終了から1年以上たっても「あまちゃん」ブームは続いているようで「道の駅 おおの」のところから、「小袖方面マイカー規制中」の看板があります。
小袖方面マイカー規制中.jpg

「あまちゃん」の久慈市を通過して、野田村の十府ケ浦
野田十府ケ浦.jpg

1年前(2013年10月)と比べて、全然防潮堤の工事進んでいません。震災から3年半、いまだに仮設住宅で生活している人が多くいるのに、お金の使い方の順番が違うと去年も思ったのですが・・・
野田十府ケ浦2013年10月.jpg

立木は震災の爪痕をそのまま残しています。
野田十府ケ浦立木津波の爪痕.jpg

普代村堀内駅付近の海
普代村堀内駅付近の海1.jpg

普代村堀内駅付近の海2.jpg

普代村堀内駅付近の海3.jpg

振り返ると後ろの方が、三陸鉄道北リアス線の鉄橋
普代村堀内駅付近うしろが北リアス線.jpg

本日、急いで走ったのは、宮古市にある本州最東端の魹ヶ崎(とどがさき)に行くためです。事前の情報では、駐車場から1時間くらいかかるとかで、12時過ぎに駐車場に到着しました。

左のほうの山を越えた先に、魹ヶ崎(とどがさき)があります。
魹ヶ崎(とどがさき)駐車場から.jpg

左の山の先が(魹ヶ崎(とどがさき)、右が小根ケ崎
魹ヶ崎(とどがさき)登り口から.jpg

登り口から南方向の海と小根ケ崎
小根ケ崎の南の小根ケ崎.jpg

若いカップルが、登り口で魹ヶ崎(とどがさき)に行くかどうか悩んでました。案内板には3.8キロって書いてあって、正面には急坂の登りがそびえています。カールが行くということで、ワンコに負けるわけにはいかないと、一緒に最東端を目指すことになりました。

標高100m以上の登りくだりが続きます。木立の間から見える小根ケ崎
魹ヶ崎(とどがさき)の高い場所から小根ケ崎.jpg

転落すると、海までまっすぐ!みたいな場所がけっこうあります。
魹ヶ崎(とどがさき)の高い場所から下.jpg

1時間少しで到着!
魹ヶ埼(とどヶ埼)灯台と.jpg

カールは、本州の東西南北の端っこにすべて到達した最初のワンコかもしれません。
魹ヶ崎(とどがさき)到達!.jpg

この辺が最東端
魹ヶ崎(とどがさき)この辺が最東端.jpg

魹ヶ埼(とどヶ埼)灯台とドコモのアンテナ、なぜにドコモのアンテナかというと、灯台の右にある東屋で休んだ時に、しっかり手書きの看板で「ドコモは使えます」って書いてあったんです。ちなみにカップルさんの携帯はAuで残念ながら圏外でした。
魹ヶ埼(とどヶ埼)灯台とドコモのアンテナ.jpg

川崎市から来たカップル、彼氏は僕と同じ岡山県出身、彼女は、雰囲気元AKB48河西智美な感じ(←より美人です)
魹ヶ崎(とどがさき)カップル.jpg

魹ヶ崎(とどがさき)から少し先に進むと、期待しないでね!「幻の滝」とあったのですが、雨が少なくどこに滝があるのかわかりませんでしたが絶景!
魹ヶ崎(とどがさき)なんとかの滝.jpg

「道の駅 やまだ」のメニュー、たいへん良心的価格です。
道の駅 やまだ良心的価格メニュー.jpg

「道の駅 やまだ」しめ鯖かぶら漬け200円
道の駅 やまだしめ鯖かぶら漬け200円.jpg

「道の駅 やまだ」ミカン詰め放題198円
道の駅 やまだミカン詰め放題198円.jpg

「道の駅 やまだ」世界一250円、右のりんごは秋田で買った普通のサイズのりんごです。
道の駅 やまだ世界一250円.jpg

写真を撮り忘れましたが、栗も詰め放題で198円でした。ほぼ1キロ、東北に入って栗が主食です。あとピーマン詰め放題は98円でしたが、買いすぎて食べきれないので遠慮させていたがきました。

本日のお宿は、大船渡市の「道の駅 さんりく」です。

posted by bonjin at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
とどが崎の人々の物価の感覚が、今の日本の物価とづれてませんか?と、心配するくらい安くて新鮮そうですね〜。〆鯖かぶら漬け一つで晩酌から、しろめし迄行けまっせえ!とどが崎の居酒屋全部が、この値段で付き合わせられたら、皆、潰れまっせえ!
Posted by とどが崎の心配、那須塩原の松じー at 2014年11月12日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105407831

この記事へのトラックバック