2014年10月09日

軽自動車ホームレス(2周目・12日目)〜本州最北端到達よりも、野生のニホンザルと仏ヶ浦〜


「道の駅 わきのさわ」は、山の中にある静かな道の駅です。
道の駅 わきのさわ1.jpg

海岸線には道がなく、国道338号線は山の方を走ります。時折むつ湾と、津軽山地が見えてきます。
むつ湾と津軽半島.jpg

標高400〜500mあたりを走ります。冬は通行止めで、海上交通に頼ることになります。
かなり高い所.jpg

地滑りのため片側通行、通って大丈夫か?
地滑りのため片側通行.jpg

なんだこの山の形は?
なんだこの山の形は.jpg

野生のニホンザルが登場!
野生のニホンザル登場.jpg

GoogleMapの「下北半島の猿および猿生息北限地」よりずいぶん北です。
野生のニホンザル1.jpg

近づいていくと微妙な距離感を保ちながら移動していきます。
野生のニホンザル2.jpg


野生のニホンザル3.jpg

野生のニホンザル4.jpg

野生のニホンザル5.jpg

野生のニホンザル6.jpg

野生のニホンザル7.jpg

野生のニホンザル8.jpg

野生のニホンザル9.jpg

野生のニホンザル10.jpg

野生のニホンザル動画6連発!













仏ヶ浦に到着、国道から100m以上下っていくと、目の前には、神がつくられし絶景が広がります。
仏ヶ浦1.jpg

仏ヶ浦2.jpg

仏ヶ浦3.jpg

仏ヶ浦4.jpg

仏ヶ浦5.jpg

仏ヶ浦6.jpg

仏ヶ浦7.jpg

仏ヶ浦8.jpg

ウニがゴロゴロ
仏ヶ浦9ウニがゴロゴロ.jpg

仏ヶ浦10.jpg

海はこの透明度です。
仏ヶ浦11この透明度.jpg

仏ヶ浦12.jpg

車に戻るには、100m以上登ります。行きはよいよい帰りはしんどいぜ!
仏ヶ浦13階段.jpg

お気楽に仏ヶ浦を眺望することができる国道338号線沿いの駐車場
仏ヶ浦駐車場.jpg

肉眼ではこんな感じ、その迫力は伝わってきません。
仏ヶ浦駐車場から1.jpg

下に降りて歩き回った範囲はこのくらいです。
仏ヶ浦駐車場から2.jpg

やはり船に乗って海上から全貌を眺めるのが一番だと思います。さっき降りたところに船が着いて下船して歩き回る時間があります。
仏ヶ浦駐車場から3.jpg

福浦崎むこうは仏ヶ浦
福浦崎むこうは仏ヶ浦.jpg

福浦漁港から
福浦漁港から1.jpg

福浦漁港から
福浦漁港から2.jpg

下磯漁港
下磯漁港1.jpg

下磯漁港
下磯漁港2.jpg

佐井村の市街地の手前の海岸から沖の岩礁にある灯台.
佐井沖岩礁灯台.jpg

佐井村市街地の手前の海岸
佐井村手前海岸1.jpg

佐井村手前海岸2.jpg

佐井村手前海岸3.jpg

大間岬まであと僅かです。建設中の大間原子力発電所。
大間原発工事中.jpg

大間岬にてカール、残るは本州最東端のみです。
大間岬カール残るは最東端のみ.jpg

大間岬にてカールと.jpg

大間岬の先の灯台
大間岬の先の灯台.jpg

全般的に、「大間のマグロ」のブランドのせいか、ちとお高いです。直売のマグロは100グラムで赤身が1200円、中トロが2000円以上でした。
大間岬本日休業.jpg

大間のマグロは諦めて、むつ市内の昨日寄ったユニバースむつ旭町店へ、北海道産の天然ブリ233円。さばき方の技術の差か、北海道のラルズで売っているのと比べてダントツに美味しそうです。(実際美味しいのですが)
ユニバース天然ブリ233円.jpg

戻りカツオたたき切り落とし129円、形は悪くても味は同じ、この分量です。
戻りカツオたたき切り落とし129円.jpg

下北半島の東側の先っちょの尻屋崎
尻屋崎駐車場.jpg

寒立馬(かんだちめ)という日本の在来種の馬が放牧されています。
尻屋崎灯台と寒立馬(かんだちめ).jpg

駐車場には、この看板なかったので、カールといっしょで、お馬さんに追いかけられました。ちょっと怖い思いをしました。
尻屋崎ペット危険注意.jpg

尻屋崎寒立馬(かんだちめ).jpg

尻屋崎灯台と寒立馬(かんだちめ)2.jpg

尻屋崎灯台
尻屋崎灯台.jpg

尻屋崎の東側
尻屋崎東側.jpg

尻屋崎の東側の海岸にもたくさんいました。
尻屋崎東側寒立馬(かんだちめ).jpg

尻屋崎東側寒立馬(かんだちめ)2.jpg

パドルサーフィン、なかなかいいかも。
尻屋崎パドルサーフィン.jpg

東通村の海岸線は、東通原子力発電所と防衛庁の発射試験場があるため、海岸線を走る道路はほどんどありません。

猿ケ森ヒバの埋没林という標識があったので立ち寄りました。
猿ケ森ヒバの埋没林.jpg

駐車場から200mくらい歩くと、そこがまさに「猿ケ森ヒバの埋没林」なんですが。
猿ケ森ヒバの埋没林2.jpg

たぶん、これ?
猿ケ森ヒバの埋没林3.jpg

案内の写真ではこんな感じかな?
猿ケ森ヒバの埋没林4.jpg

駐車場と道路は綺麗に整備されています。
猿ケ森ヒバの埋没林5駐車場.jpg

本日のお宿は、三沢市まで「道の駅」がありません。「道の駅 みさわ」は、午後7時で閉門になるので、「道の駅 おがわら湖」まで行くことにしました。

途中、お風呂は「三沢市市民の森温泉浴場」入浴料はなんと、三沢市民110円、市外の方160円。市民以外は約5割増なんですが、160円ですよ!



posted by bonjin at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
お馬さんが野生の日本在来種ということはテレビで見て知ってましたが。気が荒いの迄は知りませんでした。今度、青森県迄新幹線で行って自転車で廻る旅行計画が有るのです。来年辺り。しかし自転車でのお馬さん見物は危険ですね。1馬力には勝てません。
Posted by 那須塩原の松じー at 2014年11月10日 09:31
日光のいろは坂も猿が出没して観光客に食べ物をねだる、と、いうよりも車の窓の隙間から手を入れたりして物を強奪するらしいです。以前、女房と日光の戦場が原の林道奥の森で、やはり猿の集団に静かに静かに包囲された時は怖かった。キタキツネみたく愛嬌たっぷりじゃあ無いんだもん。あの時は自分も女房も、ストックを両手に持っていたから猿達は襲って来なかったのでは?
Posted by 猿の多さに驚く那須塩原の松じー at 2014年11月10日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105342767

この記事へのトラックバック