2014年09月29日

軽自動車ホームレス(2周目・2日目)〜新潟県は明治時代初期日本一の人口だった〜


新潟県は1892年(明治25年)まで人口日本一でした。当時の人口は約170万人。その秘密は広大な新潟平野なのです。本日はその新潟平野を見下ろす弥彦山に登ってみようと思います。

国道116号線を柏崎市方面へ向かって走ります。新潟中心部からしばらくは、自動車専用道で緑の標識なので途中で料金を取られるんじゃないかと心配になります。

昨日フェリーを下船してから、全然道路沿いにコンビニを見かけないのです、新潟中心部から約20キロの地点で初めてのコンビニはローソンでした。160円のツッパリ価格のコーヒーもやっと100円になりました。
新潟県初めてのコンビニはローソン.jpg

広大な新潟平野にある唯一の山塊、右から角田山、多宝山、奥が弥彦山
右から角田山多宝山奥が弥彦山.jpg

角田山(482m)
角田山.jpg

多宝山(634m)奥が弥彦山(634m)
多宝山奥が弥彦山.jpg

上堰潟(かみせきがた)公園駐車場、沖縄でよく見かける、車の下が芝生です。
上堰潟公園駐車場.jpg

上堰潟公園解説板
上堰潟公園解説板.jpg

遊歩道の外周は2キロ
上堰潟公園遊歩道1周2キロ.jpg

上堰潟公園から多宝山
上堰潟公園多宝山.jpg

上堰潟公園から角田山
上堰潟公園角田山.jpg

ワラアートのペガサス、いい出来だと思います。
ワラアートペガサス.jpg

ワラアートのコーヒーカップとお湯差し
ワラアートコーヒーカップと.jpg

ワラアートのお城
ワラアートキャッスル.jpg

橋の上を歩くと、下の池の茂みに隠れた鳥達が驚いて、ガサガサと音をたてて移動していきます。
上堰潟公園水辺多宝山2.jpg

ちょっと釧路湿原っぽい景色です。
上堰潟公園角田山2.jpg

秋なんですね!
上堰潟公園コスモス.jpg

弥彦山が、近くなりました。
弥彦山近くなりました.jpg

弥彦山スカイライン旧料金所、昔は有料道路でした。
弥彦山スカイライン旧料金所.jpg

日本海が見えてきました。
弥彦山スカイライン日本海1.jpg

弥彦山スカイライン日本海2.jpg

峠の名前はわかりませんが、ここが弥彦山スカイラインで一番高い所です。
弥彦山スカイライン峠.jpg

峠からの日本海
弥彦山スカイライン峠から日本海.jpg

ここから弥彦村です。
弥彦山スカイラインここから弥彦村.jpg

山頂駐車場の手前の駐車場から日本海
弥彦山スカイライン山頂手前駐車場から日本海.jpg

山頂駐車場の手前の駐車場から新潟平野
弥彦山スカイライン山頂手前駐車場から新潟平野.jpg

少し登った所から多宝山山頂
多宝山山頂.jpg

右側が信濃川です。
右側が信濃川.jpg

弥彦山山頂にはテレビ塔がいっぱい建っています。
弥彦山山頂テレビ塔ほか.jpg

弥彦山山頂駐車場は新潟市です。少し下ると長岡市になります。
弥彦山山頂駐車場は新潟市.jpg

すこし下った所で日本海の南側(柏崎市方面)が見えてきました。
パラ駐車場から日本海南側.jpg

遠くが霞んで残念
パラ駐車場から日本海南側2.jpg

これって、最初、「どうぞ飛び降りて下さい!」自殺推奨設備?かと思ったのですが・・
助走板正面から.jpg

パラグライダーとかの助走路だったんですね。はじめてひとりで「行け〜!」と言われても、なかなか飛べないでしょうね!
スロープ初めてだと行けるか.jpg

大河津分水の堤防から、国上山と弥彦山
大河津分水路堤防より国上山弥彦山.jpg

長岡市の「道の駅 良寛の里わしま」
道の駅 良寛の里わしま.jpg

「道の駅 良寛の里わしま」にて秋の味覚、長岡産の栗400グラム260円
道の駅 良寛の里わしま長岡産栗400グラム260円.jpg

「道の駅 西山ふるさと公苑」の駐車場の前の建物
田中角栄記念館全景.jpg

近づくと、「田中角栄記念館」なるほど、ここは角栄さんの生まれ故郷の西山町でした。(現在は柏崎市)
田中角栄記念館銘.jpg

入場料400円って!?
田中角栄記念館入場料400円.jpg

そばにはレストラン「角さんの台所」、本日は、ここの道の駅全体が定休日の月曜日なのでお休みです。
道の駅 西山ふるさと公苑角さんの台所.jpg

西山町ガイドマップ
西山町ガイドマップ.jpg

角さんの生家まで1.6キロ
角さんの生家まで1.6キロ.jpg

西遊館というそうで、孫悟空と西山町とどういう関係なのか意味不明です。田中角栄さんの日中友好を記念して?なのかな。
道の駅 西山ふるさと公苑西遊館.jpg

「道の駅 西山ふるさと公苑」の売店のある建物。立派です!
道の駅 西山ふるさと公苑.jpg

柏崎市街地をさらに南に行って、海の高台にある「道の駅 風の丘米山」
道の駅 風の丘米山.jpg

風力発電の風車の所まで登ってみました。手前が米山(992.5m)奥の山が妙高山(2454m)
風車の所から米山の奥は妙高山.jpg

北側の日本海の海岸、遠くに見えるのは柏崎刈羽原子力発電所。
風車の処から柏崎刈羽原子力発電所.jpg

「道の駅 風の丘米山」の海側にある鴎が鼻展望台(恋人岬)からの妙高山
鴎が鼻展望台(恋人岬)から妙高山.jpg

岬にある売店でピンクのプレートを買って結びつけるみたいです。ちょっと「イタい」感じがしますが、恋人岬にひとりで訪れている僕も「イタい」?
恋人岬ちょっとイタい.jpg

逆光ですが、鴎が鼻展望台(恋人岬)パノラマ
鴎が鼻展望台(恋人岬)パノラマ.jpg

このまま、日本海の海沿いを南下して、富山県、石川県に向かうと思ったでしょ?ところが反転して、日本海側を北上します。

柏崎海浜公園ビーチ、ここからは海水浴場が続きます。
柏崎海浜公園ビーチ.jpg

柏崎刈羽原子力発電所の北側のビーチ、すぐそばまで民家があります。ビーチの柵がどこかで見たことのある風景です。
柏崎刈羽原子力発電所辺野古のビーチみたい.jpg

そう沖縄のキャンプシュワーブの前のビーチと同じです。この沖合に普天間基地の代替え飛行場が建設される予定なのです。
沖縄キャンプシュワーブ.jpg

柏崎刈羽原子力発電所から北側のビーチ
柏崎刈羽原子力発電所ビーチ北側.jpg

本日のお宿は、ひとつ手前の「道の駅 田中角栄」じゃなくって「道の駅 西山ふるさと公苑」です。

今日買った「栗」縦に切れ目を入れて、フライパンで「焼き栗」に、結局、これが夕食でした。
焼きぐりにしました.jpg
posted by bonjin at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
豊穣な平野部と、米作の伝統と、豊かな北海道の海産物輸送の中継地点という地の利が手伝って明治期に新潟市はそこ迄繁栄したのではないでしようか。立派なご先祖さん達ですなあ。信濃川の橋は、かつての地震で崩壊して、現在の橋は二代目ということですが、駅から私歩いて見に行ったら立派な造りで橋も、街も、凡人さん、オラ驚いちまったダ〜。
Posted by 豊穣な米作地と北前船と思う那須塩原市の松じー at 2014年10月01日 12:05
いくら季節の物を食べると体に良いと言われますが、凡人さん1人で焼き栗を400グラムは食べ過ぎですよ。ミラバンの中も焼き栗の匂いだらけですね。でも面白いやり方では。今度真似してやってみます。





Posted by いくらなんでも食べ過ぎ凡人さん、那須塩原市の松じー at 2014年10月01日 12:18
凡人さんがペロリと平らげたくらいだから余程旨いのだな。と、栗を購入しました。同じ新潟県の栗では無いですが地元の栗を買ってきて、切れ目を入れて、そこでまさこどんの待った、がかかりました。理由はフライパンのコートが剥離してしまうとの事。簡易焼き栗は栗ご飯になりました。
Posted by 凡人さんの真似して喰べ様と那須塩原市の松じー at 2014年10月02日 16:43
こんにちわ。初めまして。そういえば北海道内のナンバー付けた軽自動車がいたな〜(笑)。9/29(月)が休館日で次の日の30日に見学に行ったときに見覚えがあります。えらくたくさん荷物を積んでるな〜なんてくらいにしか見てませんでしたが、田中角栄記念館で検索したらヒットしてこれは!と思いコメントしました。
よろしければ、またコメントします(笑)
Posted by kazusa at 2014年10月03日 15:02
簡易焼き栗の1番のコツをこの凡人さんのブログをのぞいている皆さんに伝授します。栗に長い切れコミを4カ所くらい入れるのです。フライパンには油をひくのです。油は栗の皮に染み込む事は有っても中迄染み込む事は無いんです。これで簡単で美味しい焼き栗の出来上がりですよね。
Posted by ある人に教わった那須塩原市の松じー at 2014年10月03日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104051181

この記事へのトラックバック