2014年09月28日

軽自動車ホームレス(番外編)〜自然の神〜


昨日、御嶽山が突然噴火しました。

僕は、無宗教です。

1年間、日本中を旅をして思ったんですが、自然の神というのか、天地創造の神様はいると思うのです。

噴火、地震、隆起、浸食、崩落、すべて自然の力によって創造された素晴らしい自然の景観を僕たちに見せてくれるわけです。

例えば、僕は、テトラポッド反対派です。海岸が浸食されて後退するのなら、自然にまかせればいいと思うのです。ほとんど護岸していないところの海は自然のままで綺麗です。

山を切り崩して道路を作れば、いつかは崩れると思うし、トンネルを通っている時は、いつかトンネルが崩れるのに遭遇しても仕方ないと思ってます。

山の中に放置された建物や道路も、いずれは自然に帰っていくのです。

地震や、噴火や、自然災害は、自然の神様の人間への怒りというか警告だと思うのです。避難勧告がどうとか、防災対策がとうとか政治や行政に文句を言っても仕方ないのだと思うのです。運が悪いかもしれないけど、自然の神様がその場所を選んだのだと思うのです。

埋立て地が地震で液状化するのは当然だと思うし、造成地が豪雨で崩落するのも当たり前なんです。そもそも自然の力に対抗しようと思うことが間違いなのです。日本には、そんな無理して土地を作らなくても人が住めるようなところはたくさんあります。(近くにイオンモールやTSUTAYAはありませんが・・・)

高層ビルや、スマホもいいかもしれないけど、もっと自然のあるがままと調和していかないと、いずれ自然の神様の怒りが爆発して人類を滅ぼすかもしれません。

別に、地球上に人間という種がいなくなったって、どうって事ありません。

地球の歴史のスケールからすれば、人間が存在した期間なんてごくわずかなんです。





posted by bonjin at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
うーん、真理ですな。それでも人間は解っていても自然を切り崩して構造物を作るのをやめません。生活の電力を危険を承知と知りながら原子力に戻ろうとしています。放射性廃棄物の起き場所も決定していないのに。
Posted by うーん真理ですな、那須塩原市の松じー at 2014年09月29日 11:11
噴火の巻き添えに遭遇した登山客は、本当について無いと言うしか有りません。紅葉の一番の季節のしかも土曜日に。晴天の絶好の時間ですもんね。合掌
Posted by 痛ましい事になりました、と思います那須塩原市の松じー at 2014年09月30日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104018268

この記事へのトラックバック