2014年09月17日

軽自動車ホームレス(北帰行・50日目)〜積丹半島と余市の奇跡の虹〜


今日は、積丹半島を廻ってみようと思います。

岩内港フェリー埠頭から、泊原発、昔はここから新潟県の直江津港にフェリーが運航していました。現在では旧フェリー埠頭として、釣り人で賑わいます。
岩内港フェリー埠頭から泊原発かつては直江津航路.jpg

岩内港フェリー埠頭から南側、遠くに霞むのは弁慶岬
岩内港フェリー埠頭から南側遠くに霞む弁慶岬.jpg

「道の駅 オスコイ!かもえない」ここは、海の上です。2004年8月の台風18号で発生した高波によって、橋げたの落下や施設の破損して閉鎖された後に、2010年に再オープンしました。
道の駅 オスコイ!かもえない実は海の上.jpg

「道の駅 オスコイ!かもえない」のとなりの漁港、右側が道路です。
道の駅 オスコイ!かもえない漁港右が道路.jpg

晴れてきました。
道の駅 オスコイ!かもえない晴れてきました.jpg

海、これでも穏やかな方なのです。
道の駅 オスコイ!かもえないこれでも穏やかの方なの.jpg

珊内(さんない)漁港から
珊内漁港.jpg

手前がノーラン岬
珊内漁港手前がノーラン岬.jpg

ノーラン岬遠景
ノーラン岬遠景.jpg

少し走って、向こう側がジュンボウ岬
向こう側がジュンボウ岬.jpg

沼前(のまない)駐車場、ここは地滑りした土地の上にあります。大丈夫なのか?
沼前(のまない)地すべり駐車場.jpg

沼前(のまない)駐車場から神威岬
沼前(のまない)地すべり駐車場から神威岬.jpg

神岬漁港、その先の神威岬トンネルを抜けると神威岬です。
神岬漁港神威岬トンネル.jpg

神岬漁港から神威岬
神岬漁港から神威岬.jpg

神威岬駐車場に到着、岬までは、まだまだこれから長〜い道のりです。
神威岬駐車場まだまだこれから.jpg

清掃協力金100円以上入れて下さい、こういう日本人のやさしさに期待するのは好印象です。万札入れたら開けた時にびっくりするだろうな〜と思いながら100円を入れる。
神威岬清掃協力金100円以上.jpg

遠くに見える灯台の先が神威岬の先端です。
神威岬灯台の先が.jpg

女人禁制の門、江戸時代ここから先は、女人禁制でした。現在は天候が悪い時には、閉門されてここから先には、進めません。
神威岬ここから女人禁制.jpg

まだまだ
神威岬まだまだ.jpg

やっと岬に到着、新日本海フェリーが沖合を通過します。
神威岬とフェリー.jpg

岬の南側
神威岬南側.jpg

岬から振り返ると、こんな感じ、よくぞここまで来たよ!お疲れ様!
神威岬振り返ると.jpg

積丹岬が見えます。
神威岬積丹岬.jpg

積丹岬方向の海岸は絶壁です。
神威岬積丹岬方向.jpg

神威岬灯台
神威岬灯台.jpg

万里の長城的風景
神威岬万里の長城的.jpg

昔、灯台守の人の為に村人が手掘りで掘った念仏トンネル
神威岬念仏トンネル.jpg

右の方が念仏トンネルです。
神威岬念仏トンネル拡大右です.jpg

積丹岬も同様に清掃協力金100円以上入れて下さいな!
積丹岬清掃協力金100円以上.jpg

このトンネルを抜けると
積丹岬トンネル.jpg

島武居海岸、積丹岬は左端です。
積丹岬島武居海岸左が積丹岬.jpg

海岸に降りて進みましたが積丹岬岬まで行けません。岩と岩の間の左側が積丹岬です。
積丹岬岬まで行けません.jpg

東側(余市方向)の海
積丹岬東側.jpg

登って来て、妙にテンション高いお姉ちゃん2人組にシャッター押してもらいました。
積丹岬島武居海岸カールと.jpg

幌武意漁港、積丹半島のダイビングの中心地です。
幌武意漁港.jpg

余市の海浜公園に行くと、突然に「おおっ〜!レインボー!ブラボー!」
余市海浜公園虹1.jpg

余市海浜公園虹2.jpg

24mmの広角でも画面に入りきらないので、iPhone5sのパノラマで撮影して切り取りました。すごい大きさでしょう?
余市海浜公園虹パノラマ.jpg

本日のお宿は、スペースシャトルに乗った毛利さんの故郷の余市町「道の駅 スペース・アップルよいち」です。



posted by bonjin at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103905190

この記事へのトラックバック