2014年09月14日

軽自動車ホームレス(北帰行・47日目)〜最後の行き止まりは海の温泉〜


昨日深夜、職質された見晴公園です!
見晴公園.jpg

今日は、北海道の海岸線で踏破していない最後の行き止まりの道、恵山岬を目指して、函館から太平洋側の国道278号線を走ります。

もし、青函トンネルが、戸井〜大間に掘られていたら、完成して新幹線が走ったかもしれない戸井線の跡です。完成することなく工事中止になりました。
旧戸井線1.jpg

戦時中の資材不足の中で建設されたので、コンクリートが崩れ落ちてきそうです。
旧戸井線2.jpg

「道の駅 なとわ・えさん」の海岸から恵山をのぞむ。『なとわ』とは、道南地方の方言で「あなたとわたし」の意味だそうです。
道の駅 なとわえさんの海岸から恵山.jpg

となりのキャンプ場、利用料300円なので泊まれば良かったかも。
道の駅 なとわえさんキャンプ場.jpg

昆布安いです。「真昆布細切り195円」ご飯を炊くときや、煮物や、炒め物に入れると美味しいと思います。
道の駅 なとわえさん真昆布細切り195円.jpg

函館側(道道635号線)の行き止まりの御崎町
恵山行き止まり御崎町.jpg

少し戻って、恵山の登山口まで行きました。
恵山1.jpg

土石流防止の為の砂防ダムとはいっても、自然というのは、隆起、崩落、浸食を繰り返し現在の姿になったわけですから、あるがままに見せて欲しい気もします。
恵山2砂防ダム.jpg

恵山のパノラマ、左は海向山(かいこうざん)
恵山3パノラマ.jpg

噴煙あげてます
恵山4噴煙.jpg

海向山(かいこうざん)
海向山(かいこうざん).jpg

登る途中の展望台からの恵山
恵山5登る途中の展望台から.jpg

つづれ折りの急坂を登ってきました。
恵山6つづら折り急坂.jpg

恵山岬の一帯は、現在は函館市ですが、合併前は、椴法華村(とどほっけむら)でした。アイヌ語の「トトポケ」(岬の陰の意)からで、決してトドがホッケをくわえて海岸に集まっているわけではありません。

国道278号線から道道231号線の行き止まりの先にある「水無海浜温泉」もう1時間早い時間に到着していたら入浴できたのですが、潮が満ちて水温は温水プールくらいの感じでした。
水無海浜温泉.jpg

入浴目線だと、こんな感じの風景が目の前に広がります。
水無海浜温泉入浴目線.jpg

恵山岬灯台
水無海浜温泉恵山岬灯台.jpg

パノラマ
水無海浜温泉パノラマ.jpg

更衣室ではなく脱衣室完備
水無海浜温泉脱衣室.jpg

温泉の解説板です。干潮と海が穏やかな時しか入浴できないので「幻の温泉」だそうです。
水無海浜温泉解説.jpg

入浴可能時間が掲示してあります。ちゃんと「函館市」のHPにアップしてあるのですね。行く方は事前に調べて行きましょう。
水無海浜温泉入浴できる時間.jpg

苫小牧行きのフェリーが通過
水無海浜温泉フェリー.jpg

水無海浜温泉から少し戻って、恵山岬灯台前の「ホテル恵風(ケイプ)」で温泉に入りました。入浴料400円です。

恵山岬灯台周辺は公園になっています。
恵山岬灯台公園.jpg

本日のお宿は、「道の駅 縄文ロマン 南かやべ」です。


posted by bonjin at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
恵山は北海道に27年間も住みながら、何故かとうり過ぎるだけで、こんなになっていたのですか。
Posted by 恵山の入り口を初めて見ました那須塩原市民 at 2014年09月23日 21:32
なとわ、えさんの海岸線美しいですなー。
Posted by 那須塩原市民 at 2014年09月23日 21:35
トドがホッケを咥えているなんて1人で想像してニヤニヤ微笑ってしまった。
Posted by 那須塩原市の松じー at 2014年09月24日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103860550

この記事へのトラックバック