2014年08月20日

軽自動車ホームレス(北帰行・22日目)〜十勝に入りました〜


「道の駅 しらぬか恋問」展望台があります。
道の駅しらぬか恋問展望台かな.jpg

夜到着したときは、湖か沼かと思ったのですが、ソーラーパネルでした。ミラバンの屋根の80Wソーラパネル50万台分です。
ユーラス白糠ソーラーパーク.jpg

昼間でも、湖か沼と勘違いしそうです。
ユーラス白糠ソーラーパーク全景.jpg

「道の駅しらぬか恋問」全景、札幌ではおなじみの「ラーメンの寶龍」と、ローソンが敷地内にあります。
道の駅しらぬか恋問全景.jpg

恋が叶うポスト
恋がかなうポスト1.jpg

こいといかいがん(恋問海岸)で「イカ」はわかるんですが「タコ」は、どこからやってきたんだ?
恋がかなうポスト2.jpg

恋問海岸にてカール
恋問海岸カール.jpg

天気予報によると、十勝方面の方が早く雨があがる予定です。国道392号線、国道274号線で十勝地方へ向かいます。

もうすぐ開通します。「道東自動車道白糠インターチェンジ」釧路市まで延びると便利になると思います。
道東自動車道白糠インター付近工事中.jpg

1983年(昭和58年)に廃止された白糠線の橋梁跡
白糠線橋梁1.jpg

橋梁の銘板もくっきり読み取れるくらい綺麗です。
白糠線橋梁2銘板.jpg

松五郎橋
松五郎橋.jpg

松五郎橋から、白糠線橋梁、茶路川を渡る橋梁が、そのままの姿でたくさん残っています。
白糠線橋梁3松五郎橋から.jpg

白糠町上茶路めん羊牧場、「メェ〜」と鳴くので、ヤギかとおもったら羊でした。
白糠町上茶路めん羊牧場1.jpg

白糠町上茶路めん羊牧場2.jpg





しばらく、無人地帯が続きます。当然のように携帯は圏外です。最初に見える構築物は携帯のアンテナ、たぶんドコモ(圏内になりましたから)
ここから圏内.jpg

十勝管内の最初の町は、浦幌町なのですが、ほぼ無人地帯です。最初の街らしい街(お店がそれなりにある)は、本別町です。

本別町の「道の駅 ステラ☆ほんべつ」、昔の池北線、後の北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線(2006年廃止)の本別駅のあった場所です。
道の駅 ステラ☆ほんべつ1.jpg

道の駅 ステラ☆ほんべつ2カール.jpg

道の駅 ステラ☆ほんべつ3カール.jpg

公園もあって、ペット同伴の旅人にとっては絶好のロケーション。
道の駅 ステラ☆ほんべつ4公園.jpg

正面は、バスターミナルがあって、街の中心です。
道の駅 ステラ☆ほんべつ5正面.jpg

肉が食べたくなったので、近くのキャンプ場に移動します。

「義経の里 本別公園」義経ここまで来たのか?
義経の里本別公園.jpg

奥の方にある、第2キャンプ場にテントを設営しました。無料です。
義経の里本別公園第2キャンプ場.jpg

造成したのか、元々の地形なのか崖が垂直、その下がキャンプ場です。
義経の里本別公園第2キャンプ場崖.jpg

本日の食材です。明るいうちにカールと食べました。
本日の食材本別.jpg




posted by bonjin at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
私が学生時代に居た白糠町とはかなり変貌しましたですね。白糠町の漁師さんと一緒して酒、ホッケ、ツブをよく呑み食いしました。町に唯一の本屋は今も変わらず有るだろうか。炉端焼きの名前はろばた。北海道医療大の教養課程は音別と白糠の間の丘の上に立っていました。茶路川に鮭が上がってきており驚きました。
Posted by 懐かしく思う那須塩原市民 at 2014年08月25日 15:44
白糠町は、札幌市でもナカナカ手に入れ辛い、良質の羊の肉で今、盛り上っって居ますよね。10年くらい前に、自分自身も食べましたがうまっかた記憶があります。
Posted by 白糠町は道産の綿羊、那須塩原市民 at 2014年08月25日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102614025

この記事へのトラックバック