2014年08月19日

軽自動車ホームレス(北帰行・21日目)〜ルパン3世の故郷のエピソード〜


厚岸、釧路方面を目指して走ります。国道44号線より海沿いの道道142号線を走ります。

道道953号線と道道142号線が合流地点にある「別当賀駅」
別当賀駅1.jpg

別当賀駅2.jpg

かつては交換設備(すれ違いできる線路)がありました。
別当賀駅3.jpg

こっちの道(道道142号線)を選んで走ってよかった!浜中町に入ると素晴らしい景色が広がります。
浜中町1.jpg

浜中町2.jpg

浜中町3.jpg

遠くに霧多布岬
浜中町4.jpg

浜中町5.jpg

西恵茶人(にしえさひと)、ぜったい読めねえ〜!
浜中町6.jpg

恵茶人沼、お馬さんが放牧されています。
浜中町7.jpg

浜中町8.jpg

霧多布岬に到着、文字通り霧多いです。
霧多布1.jpg

遠くに見えるのは、湯沸岬灯台(とうふつみさきとうだい)
霧多布2.jpg

「霧多布温泉ゆうゆ」の駐車場にて「ルパン3世」のバス。
浜中町ルパンバス.jpg

「霧多布温泉ゆうゆ」入浴料400円です。
霧多布温泉ゆうゆ400円.jpg

そうか、浜中町は、モンキーパンチさんの故郷だったのね!
モンキーパンチの故郷浜中町.jpg

入浴券の自販機の横で、不二子ちゃんがお出迎え。
不二子ちゃんがお出迎え.jpg

近くのアゼチの岬
アゼチの岬解説板.jpg

アゼチの岬から1.jpg

アゼチの岬から2.jpg

「町立浜中診療所」この診療所の前身の釧路赤十字病院浜中診療所で、モンキーパンチさんは助手をしていました。「道下俊一」さんという北大出身のお医者さんが47年間、地域医療に取り組みました。「潮風の診療所〜岬のドクター奮戦記〜」というドラマの印象が強かったので訪ねてみました。
町立浜中診療所.jpg

霧多布潮路橋、橋からの眺めがいいので、駐車スペースが設置してあります。
浜中町橋の駐車場.jpg

琵琶瀬湾に浮かぶ嶮暮帰島(けんぼっきとう)
浜中町嶮暮帰島(けんぼっきとう).jpg

琵琶瀬展望台より霧多布湿原
霧多布湿原1.jpg

窓岩
浜中町窓岩.jpg

平成6年の東方沖地震で一部崩落しました。
琵琶瀬展望台窓岩解説.jpg

「道の駅 厚岸グルメパーク」2階には「炙りや」他3店舗がテナントで入っていました。
道の駅 厚岸グルメパーク.jpg

雨も強くなったので国道44号線で釧路へ向かいます。釧路では少年の頃お世話になった方のところへ訪問。

本日のお宿は、白糠町の「道の駅 しらぬか恋問(こいとい)」です。


posted by bonjin at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
霧がかかっていて霧タップリの旅人宿に連泊していました。何をするわけでなく岬を歩きました。
Posted by 青春時代の那須塩原市民 at 2014年08月25日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102614003

この記事へのトラックバック