2014年08月11日

軽自動車ホームレス(北帰行・13日目)〜日本最北端の町〜


台風11号は、温帯低気圧にならないまま、北海道の西の日本海を北上中です。

夜中は、車が揺れるくらいの強風でした。これが山の中の道の駅だと「熊出没か?」と思ってビビってしまうわけですが・・・

朝起きると、助手席側が雨漏りしていました。MacBook Airも電源コネクタから水をかぶっており、あせりました。さっそく電源を入れましたが無事でした。

どうやら、ソーラーパネルからケーブルの引き込みの「ここ」から水が漏れているようです。ルーフから流れた水が集中してゴムの隙間から漏れたようです。
ドアから室内へ引き込み.jpg

道道106号線を稚内に向かって北上します。左は日本海、右はサロベツ原野がひたすら続きます。今日は利尻島はふもとだけしか見えません。すっぽり雲をかぶっています。
利尻はふもとだけ.jpg

原野に30本近くそびえる風力発電、「オロルイン風力発電所」だそうです。
オロルイン風力発電所.jpg

車窓からの景色は、ひたすらこんな感じです。
稚内まで48キロまっすぐな道.jpg

途中、海岸まで行ける道があったので突入しました。
海岸まで車を突っ込む.jpg

これ快晴だと、絶景なんでしょうね。水平線が、ほんとに地球は丸いんだと感じさせてくれます。
利尻はふもとだけ2.jpg

明日の天気予報は晴れ、ノシャップ岬からは見えるでしょうか?
明日は利尻見えるかな.jpg

最初の集落、抜海のおもしろい形をした山、頂上に岩がのっかっています。太古の昔、利尻山が噴火して大きな噴石が飛んで来て偶然乗っかったんでしょうか?
抜海おもしろ岩山.jpg

稚内に到着、「道の駅 わっかない」はJR稚内駅に併設です。そぐそばには「稚内ANAクラウンプラザ」
稚内ANAクラウンプラザ.jpg

舗装された駅のそばの駐車場は満車でした。
道の駅 わっかない第1駐車場.jpg

こちらは道路をへだてた、舗装されていない水浸しの駐車場、ここもほぼ満車状態ですが、なんとか駐車しました。
道の駅 わっかない第2駐車場.jpg

「JR稚内駅」、お土産屋さん、映画館、セイコーマートが併設です。
稚内駅.jpg

カールと散歩に出かけました、昔はにぎわったであろう、駅の近くの商店街です。
稚内商店街カール.jpg

日本最北にある踏切から稚内駅をのぞむ
稚内駅終点.jpg

稚内港には、イカ釣り船が集まっています。イカの群れを求めて、鳥取県境港のイカ釣り船も
稚内港境港のイカ釣り船.jpg

国際フェリーターミナルに停泊するサハリン(樺太)行きのフェリー
サハリン稚内フェリー.jpg

こちらは、利尻島、礼文島へ渡るハートランドフェリーのターミナル。道の駅の駐車場の満車の理由がわかりました。おそらく、この駐車料金は、ちょっと払いたくないですよね!
ハートランドフェリーターミナル.jpg

利尻行きのフェリー
利尻島行きフェリー.jpg

港内だというのに、海荒れてます。向こうに見えるのは、海上保安庁の巡視船「れぶん」
稚内港海保巡視船れぶん.jpg

日本最北端の線路とカール、2か月前は、日本最南端のJR終着駅のある枕崎市にいました。
日本最北端の線路とカール2.jpg

すこし車で市内を走ってみました。

稚内副港市場、港町独特の威勢良さはどこへいったの?という感じの上品な施設です。温泉や、北海道ではおなじみの「いろはにほへと」がありました。
稚内副港市場.jpg

少し走ると郊外です、ガソリン給油しました。さすがに北海道です。ほぼ燃費はリッター30キロ近く走りました。ソーラーパネル積んでいるし、荷物の合計は100キロ以上あるし、このあたりが限界燃費でしょう。

花いちもんめという回転寿司でちょっとつまみました。鉄砲汁250円は、カニいっぱい入ってて手をベタベタにしてしゃぶりました。

道の駅に戻ると駅に近い方の駐車場になんとか駐車することができました。ソーラーパネルの配線替え、ドアミラーの下から室内に引き回しました。あくまで応急なので、どこかで落ち着いてきちんと処理します。
ソーラー配線替え.jpg

駅ナカでも「日本最北端の線路」をアピール。
日本最北端の線路駅内.jpg

陽が落ちてから寒いことったら、半パンツから普通の長ジーンズへ、結局フリースまで出しました。





posted by bonjin at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102291138

この記事へのトラックバック