2014年06月19日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・40日目)〜プライベートビーチがいっぱい〜


昨日泊まる予定だった、阿川ほうせんぐり海浜公園のビーチです。

阿川ほうせんぐり海浜公園ビーチ1.jpg

阿川ほうせんぐり海浜公園ビーチ2.jpg

阿川ほうせんぐり海浜公園ビーチパノラマ.jpg

阿川ほうせんぐり海浜公園ビーチ3.jpg

これ温室かと思ったらトイレとシャワー室でした。
阿川ほうせんぐり海浜公園トイレ1.jpg

粟野漁港、向かいに小さな島があります。
粟野漁港.jpg

ここから長門市です。伊上海浜公園オートキャンプ場の前の海です。
伊上海浜公園オートキャンプ場パノラマ.jpg

向かいは、向津具(むかつく)半島、むかつきませんが・・昔、唐の楊貴妃が流れ着いて倒れていたそうです。
伊上海浜公園オートキャンプ場から向津具(むかつく)半島.jpg

只の浜海水浴場
只の浜海水浴場1.jpg

只の浜海水浴場2.jpg

只の浜海水浴場パノラマ.jpg

青海大橋を渡って、青海島に渡ります。「波の橋立」というところですが、意味不明です。
青海島 波の橋立.jpg

なんかバリバリ観光化されているので、島巡りをしないで戻ってきました。本州側にある「ショップ青海島」海産物のお店が並んでたくさんあります。
ショップ青海島.jpg

長門市から、山陰自動車道の無料区間を走ると、もう萩市です。

「道の駅 萩・さんさん三見」からの海
道の駅 萩・さんさん三見から.jpg

道の駅 萩・さんさん三見
道の駅 萩・さんさん三見.jpg

「梅」安いので買って帰ります。1キロ200円です。帰って母親に言われちゃいました、「なんで青いの買ってこないの?」って。いやなんか熟れてるほうが美味しいんじゃないかと思ったもんで・・
道の駅 萩・さんさん三見梅200円.jpg

山陰自動車道の無料区間は萩までです。インターをおりると地味な色合いの看板が
萩イオンビッグ看板.jpg

たぶん条例とかで、こういう色合いの外装にするようになっているんでしょうか?
萩イオンビッグ.jpg

宝くじ売場も
萩イオンビッグ宝くじ売場.jpg

ドコモも
萩ドコモ.jpg

ユニクロまで
萩ユニクロ.jpg

萩の漁港にある「道の駅 萩しーまーと」
道の駅 萩しーまーと.jpg

カールを放牧
道の駅 萩しーまーとカール.jpg

ラヴィを放牧
道の駅 萩しーまーとラヴィ.jpg

駐車場に、Googleストリートビューを撮影カー?と思われるプリウスが・・近づいて聞いてみると、テレビ局の撮影車で、逆にこの近くに「黄色のガードレールあるとこ知りませんか?」と意味不明な取材を受けました。
道の駅 萩しーまーとGoogleストリートビュー.jpg

イカ天2個で308円、安い!
道の駅 萩しーまーとイカ天2個で308円.jpg

萩の名産品「瀬つきあじ」「あまだい」「けんざきいか」「真ふぐ」
「瀬つきあじ」なんですが、少し大きいのは1000円近くしました。
道の駅 萩しーまーと名産品.jpg

「道の駅 阿武町(あぶちょう)」は道の駅第1号、道の駅発祥の地です。
道の駅 阿武町(あぶちょう)道の駅第1号.jpg

「道の駅 阿武町」からの海
道の駅 阿武町(あぶちょう)から.jpg

和風な入口です。
道の駅 阿武町(あぶちょう).jpg

お刺身単品は380円でしたが、切り落としは280円、いろいろ入ってお得です。
道の駅 阿武町(あぶちょう)刺身切り落とし280円.jpg

「道の駅 阿武町」から少し半島側にある、筒尾海水浴場
筒尾海水浴場.jpg

阿武町木与の海岸
阿武町木与の海岸1.jpg

阿武町木与の海岸2.jpg

阿武町木与の海岸パノラマ.jpg

田部トンネルの入口、旧道が廃道になっていない場合は、迷わず旧道の方へ進みます。
田部トンネル旧道.jpg

ほらね、きれいな海に遭遇できるでしょ!
田部トンネル旧道の海岸.jpg

本日宿泊予定の田万川町(萩市)「道の駅 ゆとりパークたまがわ」まわりにあまりにも見るとこが多いので、道の駅の写真を撮影するの忘れました。

ほたてひも260円(税別)
道の駅 たまがわほたてひも260円税別.jpg

大豆1キロ280円(税別)2キロ買いました。
道の駅 たまがわ大豆240円税別.jpg

道の駅から細い道を走って集落の行き止まりのところに、数台分だけ駐車場があります。そこから歩くと、ひとつめのビーチです。「湊海水浴場」といいます。
湊海水浴場1.jpg

「湊海水浴場」
湊海水浴場2.jpg

さらに歩いて行くと
湊海水浴場3.jpg

さらに絶景が
湊海水浴場4.jpg

橋を渡ると
湊海水浴場5.jpg

2つ目のビーチ
湊海水浴場6.jpg

湊海水浴場11.jpg

振り返ると、こんな感じ
湊海水浴場7.jpg

絶景パノラマです。
湊海水浴場8パノラマ.jpg

こちらが今回
湊海水浴場10.jpg

こちらは10年前の2004年8月にきたとき
湊海水浴場20040817.jpg

水がめちゃくちゃきれいで、おもわず飛び込んで、いきなりクラゲに刺されました。(10年前のこと)そのときの教訓です。海に入る時には、ウエットスーツを着て入るように!
湊海水浴場クラゲに刺された.jpg

田万川キャンプ場の先にあるビーチ
田万川キャンプ場の先のビーチ.jpg

遊歩道をしばらく歩くと展望台があります。
田万川展望台.jpg

展望台から
田万川展望台から.jpg

そろそろ日没です。
田万川夕日.jpg

さっき行ったビーチ3つ
田万川ビーチ3つ.jpg

さらに進むと下に見えるのは瀬越海水浴場
瀬越海水浴場.jpg

僕がプライベートビーチと名付けるのは、たぶん自分以外には誰もこないであろうビーチです。車が横付けできないので、たぶんここなら、夏休み中のお盆休みでもオンリーワンで過ごせるんじゃないかと思います。

田万川キャンプ場は、オートキャンプ用のコンセントもあります。
田万川キャンプ場から.jpg

「田万川温泉憩いの湯」で入浴料410円です。
田万川温泉憩いの湯410円.jpg

今回は通過したのですが、阿武町から田万川町の間に須佐町というのがあります。そこには「ホルンフェルス断層」という珍しい地形があります。

10年前行った時の写真です。

駐車場から歩いてかなり距離あります。
須佐ホルンフェルス1.jpg

道は整備してありますが、高所恐怖症の人はちょっときびしいかと
須佐ホルンフェルス2.jpg

この頃は、タクシードライバーだったんで、色白いです。
須佐ホルンフェルス3.jpg

須佐ホルンフェルス4.jpg

海に突き出してます。
須佐ホルンフェルス5.jpg

向こう側に飛んで渡れないこともないのですが、落ちたら確実にあの世へ渡れます。
須佐ホルンフェルス6.jpg

釣り人には絶好のポイントのようです。
須佐ホルンフェルス7.jpg

本日のお宿は「道の駅 ゆとりパークたまがわ」です。


posted by bonjin at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100295528

この記事へのトラックバック