2014年09月28日

軽自動車ホームレス(2周目・1日目)〜新潟港上陸〜


午前7時45分秋田港入港、去年は、ここで下船しました。

去年最初に休憩したのは、秋田ポートタワーセリオンのある「道の駅 あきた港」でした。
秋田港入港秋田ポートタワーセリオン.jpg

秋田港パノラマ
秋田港パノラマ.jpg

秋田港から東方向に見えるのは、大平山(1170m)、奥の方が秋田県最高峰の白子森(1179.1m)
秋田港から東方向の山大平山1170白子森1179.1.jpg

ペットルームにカールの様子を見に行きました。

ルームメイトのパピヨンちゃんと。
カールおとなりのパピヨンちゃんと.jpg

チキンのおやつをあげると、部屋にこもって夢中でむさぼります。
カールとチキンのおやつ.jpg

山形県の沖合にて、「鳥海山」でっかい!
鳥海山でかい.jpg

「飛島」は山形県酒田市です。(秋田県の沖合にあります)
飛島山形県酒田市.jpg

新潟県村上市沖の「粟島」
粟島全景.jpg

「粟島」にもアンテナ3本!「こら!共同で1本ににしろ!」
粟島アンテナ3本.jpg

「粟島」も離れてもうすぐ新潟港です。
粟島離れてもうすぐ新潟港.jpg

新潟港入港
新潟港入港.jpg

新潟中心部、一番高いビルが朱鷺メッセの万代島ビル
新潟中心部朱鷺メッセ万代島ビル.jpg

2万トンの船が自力でバックしながら着岸するのは凄いことだと思います。
新潟新日本海フェリーターミナル.jpg

「新潟スタジアム」アルビレックス新潟の本拠地です。
新潟スタジアムアルビレックス新潟.jpg

「道の駅 新潟ふるさと村」なんだ!?このでかい建物は?
道の駅 新潟ふるさと村1.jpg

「道の駅 新潟ふるさと村」もうひとつ、こちらがお土産のデパートみたいなの。
道の駅 新潟ふるさと村2.jpg

「道の駅 新潟ふるさと村」全体
道の駅 新潟ふるさと村3.jpg

すぐそばが、信濃川の河川敷の公園です。向こうの橋は北陸自動車道です。
信濃川河原北陸道.jpg

蕎麦の栽培をしています。
蕎麦信濃1号.jpg

水上バス乗り場
水上バス乗り場.jpg

本日は1日3便
水上バス本日は3便.jpg

日没は、道の駅の2つの建物の間に沈みました。
道の駅 新潟ふるさと村日没.jpg

「道の駅 新潟ふるさと村」の周辺は黒崎という地区のショッピングセンターです。ぶらぶら歩き回って、回転寿司の「はじめずし」というところで夕食。お会計の時、さりげなく「県外からお越しの方、10%引き、お気軽にお申し出下さい」と書いてあるじゃないですか。ほとんど2度と訪れることがないと思われる客人への「おもてなし」に「ごちそうさまでした」

本日のお宿は「道の駅 新潟ふるさと村」です。



posted by bonjin at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

軽自動車ホームレス(番外編)〜自然の神〜


昨日、御嶽山が突然噴火しました。

僕は、無宗教です。

1年間、日本中を旅をして思ったんですが、自然の神というのか、天地創造の神様はいると思うのです。

噴火、地震、隆起、浸食、崩落、すべて自然の力によって創造された素晴らしい自然の景観を僕たちに見せてくれるわけです。

例えば、僕は、テトラポッド反対派です。海岸が浸食されて後退するのなら、自然にまかせればいいと思うのです。ほとんど護岸していないところの海は自然のままで綺麗です。

山を切り崩して道路を作れば、いつかは崩れると思うし、トンネルを通っている時は、いつかトンネルが崩れるのに遭遇しても仕方ないと思ってます。

山の中に放置された建物や道路も、いずれは自然に帰っていくのです。

地震や、噴火や、自然災害は、自然の神様の人間への怒りというか警告だと思うのです。避難勧告がどうとか、防災対策がとうとか政治や行政に文句を言っても仕方ないのだと思うのです。運が悪いかもしれないけど、自然の神様がその場所を選んだのだと思うのです。

埋立て地が地震で液状化するのは当然だと思うし、造成地が豪雨で崩落するのも当たり前なんです。そもそも自然の力に対抗しようと思うことが間違いなのです。日本には、そんな無理して土地を作らなくても人が住めるようなところはたくさんあります。(近くにイオンモールやTSUTAYAはありませんが・・・)

高層ビルや、スマホもいいかもしれないけど、もっと自然のあるがままと調和していかないと、いずれ自然の神様の怒りが爆発して人類を滅ぼすかもしれません。

別に、地球上に人間という種がいなくなったって、どうって事ありません。

地球の歴史のスケールからすれば、人間が存在した期間なんてごくわずかなんです。





posted by bonjin at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス