2014年05月11日

軽自動車ホームレス(四国・九州編・1日目)〜宇多津の謎な道の駅〜


昨年の11月19日から、約半年弱、屋根の着いた家での暮らしを再び捨てて、軽自動車ホームレスになります。

部屋を掃除して、置いていく荷物はこんなに少なくなりました。
5月の荷物.jpg

昨年11月札幌から送った荷物の量です。
2Fの荷物.jpg

今回はダイビング器材一式とテントを積んでます、右側に積んでます。左側は下段がラヴィ、上段がカールのお家です。
車載荷物後ろ.jpg

後席にとりあえず、積み込みます。早速1日目の道の駅で整理しないと収拾がつかない積み方です。
車載荷物後席.jpg

家の中の掃除をしていたら出発は午後4時になってしまいました。快晴です!約半年お世話になった家を後にします。
山科町出発.jpg

四国・九州編というのは、いちおう予定としたら、香川県から四国を時計回りに海岸線沿いを走って、室戸岬、足摺岬を通って、愛媛県の佐多岬からフェリーで大分県に渡り海岸線を南下、宮崎県、鹿児島県と本州最南端を目指します。宮崎県と鹿児島県だけが未踏破なので、今回で、47都道府県すべて踏破することになります。鹿児島から先の予定はまったく未定です。


途中、給油と洗車をして、水島ICから、瀬戸中央自動車道に入ります。日曜日に出発したのは、ETC割引で半額だからです。ワンコ同伴車には定番のドッグランのある鴻ノ池PAでカールとラヴィを放牧。時間的に瀬戸大橋を渡ると暗くなるので明るいうちに外で遊んでもらいます。ここのドッグランって、近場の人が、ドッグランだけのために高速に入るみたいです。水島ICから乗ってドッグランでワンコを遊ばせて、次の児島ICで降りて行きます。ほとんど岡山ナンバーか倉敷ナンバーです。
鴻ノ池PAカールラヴィ.jpg

いつもならお決まりの与島PAには寄らないで、一気に瀬戸大橋を渡って坂出北ICで降ります。渡った瀬戸大橋のたもとにある、「道の駅 瀬戸大橋記念公園」が本日の宿だったんですが・・・到着すると車が全然いません。すぐ見上げると瀬戸大橋です。しばらくいて、ここでお泊まりしない理由がわかりました。瀬戸大橋には、JR瀬戸大橋線という鉄道が通ってます。通過するたびに、そりゃもううるさいです。夜中の1時迄けっこうな本数が走ってますから、そりゃ静かに眠れません。

ということで、車で10分ほどの、「道の駅 うたづ臨海公園」へ移動します。瀬戸大橋から見えていたタワーか高層ビルのすぐそばでした。到着したのですが、夜なのでよくわからない施設がいっぱいあります。

そして道の駅の入口には「恋人の聖地 うたづ臨海公園」と、初めての来訪者には意味不明で、なんかあやしくエロい予感がします。


まず、これ!イメージ的にお菓子屋さんじゃないか、もしかしたら「白い恋人」みたいなのを売っているんじゃないか?
結婚式場宇多津.jpg

門も開放されているので入ってみると、ジャ〜ん!「超ロングリムジン」が駐車中でした。こんな長いリムジンは、実車を間近で見たのは初めてです。
超ロングリムジン.jpg

玄関先を見ると、結婚式場でした。

謎のタワー「ゴールタワー」と名前です。中に入ってみると15分100円の、札幌でいうとレジャスポみたいな、アミューズメント施設でした。
ゴールドタワー.jpg

道の駅の駐車場の海側にあやしく光る施設、GoogleMapによると、「うたづ海ホタル」と茶色に光るのが「復元塩田」だそうです。明日、明るくなってからじゃないと正体は明らかにならないです。
うたず海ホタル.jpg

キャンピング仕様のワゴン車に招待されて、お酒をごちそうになりました。すぐとなりの愛媛県から3日ほどの道の駅泊の旅だそうです。

「恋人の聖地」の名のとおり、深夜になってもカップルが車できて歩いてます。


いろんな謎は、明日解き明かされます。









posted by bonjin at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 軽自動車ホームレス

第19回NHKマイルカップ結果


1番人気ミッキーアイルが、5連勝、重賞3連勝。ハナ差でもクビ差でも勝ちは勝ちです。

しかし、1着から6着までのタイム差0.1秒、クビ-ハナ-クビ-ハナ-クビ差という大接戦、逃げた馬、先行した馬、差した馬、追い込んだ馬と実力は拮抗しています。

2番手追走の牝馬のホウライアキコちゃん、直線ではミッキーアイルに少し離されていたのに、上がりは勝ったミッキーアイルより速くて頑張ってますね。

ダービー挑戦の牝馬、レッドリヴェールのレースが楽しみですね。



posted by bonjin at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ