2013年08月12日

札幌(北海道)回転寿しビッグ3


札幌というか北海道の回転寿司のレベルは高いです。

北海道に友人、知人が観光に来て「美味し寿司屋を紹介して」といわれても「回転寿司の方が安くて美味しいよ!」いつも答えてしまいます。

それではビッグ3を発表!

トリトン

ネタの大きさ、鮮度、本日のおすすめ商品、どれをとっても文句なしです。189円皿〜273円皿あたりが狙い目です。「海鮮爆弾軍艦」を注文すると、その日の勝負ネタがよくわかります。

根室 花まる

札幌駅ステラプレイス店に開店前(午前11時開店)に行ったらもう並んでいました。平日です!

あまり混雑して落ち着かないので、僕は「すすきの店」によく行きます。「すすきの店」は、回らない寿司ですが、値段は変わりません。穴場です。予約可能で、週末とか、忘年会時期とかでも、すんなり予約取れました。

なごやか亭

こぼれイクラ525円、これを注文すると、マイクもって店内放送で掛け声とともに、イクラをあふれるほど軍艦に盛り付けてくれます。僕的には、ホストクラブのシャンパンコールみたいで恥ずかしいですけど。

惜しくもランク外は・・・・

超ビッグとっぴ〜

いつのまにかビッグの前に「超」がついていたのね!気がつかなかった、それとも最初からついていたのかな?

昨年(2012年)後半から従来の「廻転寿司 とっぴ〜」から「ビッグとっぴ〜」にリニューアル。皿は3種類のみ120円、170円、220円 とリーズナブル。ネタよしなんですが、我が家の近くの店はリニューアル以降あまり混雑していないというか、どちらかというと空いています。

原因はオペレーションが悪いんですよね、せっかくの新鮮ネタがもったいないと思います。

「何が悪いかって?」別にここで公開する必要はないので、お店のマネージメントする方から、ご要望があれば個別にということで。

本州から進出するお店が苦戦する理由

お店の名前を出しませんが、北海道へ進出してきて「まぐろ」で勝負しようとしても、だめなんですよね。「まぐろ」以外、食うものないじゃん!というのが答えです。白身、青ものとか全然、北海道の食の事情をわかってないもん!



posted by bonjin at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

鍵をどちらに回したら開くのか閉まるのか統一して欲しい


キーレスエントリーの車が嫌いなので、普通に鍵で開ける車に買い替えました。

ドアと後ろのハッチの鍵をまわして開く方向が違います。

クロネコヤマトで早朝アシスト(ドライバーさんが出社するまでに、荷物を仕分けして積み込む仕事)のバイトをしていました。早朝1番の仕事は、トラックの鍵を全部開けるのが僕の担当でした。

運転席、助手席、バックドア、サイドドア、冷凍庫、冷蔵庫、これがまた全部開く方向が違うんですよね。実際にドアを開けて確認しないと、逆に回してロックされたままで、荷物を積み込むときにまた鍵を開けなくちゃならない二度手間になります。

世の中を見回すと、以外に統一されないでバラバラなものってけっこうありますよね。

ビデオやテレビのリモコン、基本的な操作ボタンは世界共通で統一すればいいのにね、どうせ日本が普及の発祥なわけだから、各メーカーが基本線は話し合って標準化するとかできなかったわけで、結局こんな状態になってしまいました。


posted by bonjin at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル

パスポートサイズ、カセットサイズの衝撃


アップルのスティーブ・ジョブズさんは、いつかはアップルもソニーのような商品が作りたいと思っていたそうです。

そして、「iPod」がウォークマンを携帯音楽プレイヤーの王者から引きずりおろし、スティーブ・ジョブズさんの思いはかないました。

1979年に発売されたウォークマンは、やがてカセットテープのケースサイズまで小型化されました。他社も発売しましたが、CD、MDにいたるまで、持ち歩いて音楽を聴くものの代名詞はウォークマンでした。「あっ!それシャープのウォークマン?」みたいな感じです。

1989年にパスポートサイズ(といっても昔のパスポートです)のビデオカメラを発売して、お父さんお母さんが子供の成長記録にを撮影するために一気にビデオが普及しました。平成生まれの方は、けっこう子供の頃のビデオが残っている方が多いと思います。

その後、プレイステーション2で、DVDの普及を加速しました。そのおかげでいまだにブルーレイの普及が加速しないという弊害も生み出すくらいでした。

ソニーの快進撃もここまででした。

携帯音楽プレーヤーで、「iPod」に王者の座を奪われるだけでなく、音楽配信にも進出されアップルが主役の座に踊りでたのです。

ウォークマンは、著作権保護のためのファイルフォーマット(ATRAC3)を採用し、すでに広く利用されていたMP3に対応していませんでした。その後、MP3に対応しましたが、時すでに遅く、携帯音楽プレイヤー市場で「iPod」のトップシェアはゆるぎないものになっていました。

ソニーは、ソニー・ミュージックエンタテインメントという音楽事業や映画事業もグループ内で経営しているため、著作権保護のため、ユーザーの使い勝手の悪いままのファイルフォーマットを押し付けていました。

さらに、ライバルには敵対する方針で、アップルの「iTunes Store」に2012年になるまで、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアーティストの楽曲は提供されませんでした。

あと音楽とは全然関係ないですが、ソニーの開発した「Felica」がいまだに、Macはサポートされなていません。これは「Edy」のチャージとかネットショッピングの決済とかでとても不便です。僕も、チャージ、決済の時だけWindowsパソコンを起動します。

ということで、ソニーは昔から相変わらず、自分の作った規格をオープンにしないで、「われわれの規格が世界のスタンダードだ!」という考え方を変えようとはしないのでしょうかね。

なにかドコモと共通するものが感じられます。(ドコモも自社ユーザーの囲い込みしか考えていません)

「Felica」(おさいふケータイ)、こんな便利なものが世界に普及する規格になれなかったのは、ひとえにソニーの責任だと思います。

いまでは、「iPhone」のカメラのセンサーをアップルに供給する下請け部品企業になり下がってしまいました。

いま、ソニーで世界に誇れるものといったら、カメラのセンサーくらいしかないですから。



posted by bonjin at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

ペットボトルで海上空港を作ろう


「ペットボトルで船を作ろう!」というのは、ネットで検索すると「ヨット」や「ボート」を作ったとかの事例があります。

さすがに海上空港は、事例があればニュースになるだろうし、当然、前例はありません。

ペットボトルのリサイクルといっても、札幌市の場合は、ラベルははがしてプラスチックゴミ、キャップは燃えるゴミに、そして回収して、リサイクル工場へ運搬して、洗浄して、分別して、チップにして、また別の工場でいろんな製品の原料を作る。これだけ行程を経るということは、そのために消費するエネルギーや、コストを考えると、CO2削減にもあまり貢献してないし、なんとなく「リサイクルして地球にやさしいですよ!」っていう建前だけのためにだけやってるような気がします。

どっかの教授じゃないけれども、ペットボトルも燃えるゴミで回収して燃やして、発電するなりエネルギー源として利用するのが一番エコなんだっていうのもわかります。

そこで、いきなり「ペットボトルで海上空港を作ろう」って大きく出すぎだって思いますが、海上空港までいかなくても、メガフロートとして海上に浮上するユニットを作ったらどうかなって思うんです。

浮力の計算とか、そのへんの詳しい計算は専門家にまかせて、サクッとその方法から

1)ステンレス等(海水で腐食しない金属)のL字鋼で立方体を作る。1辺の長さを何メートルにするかは、強度、経済性等を考えて決める。
2)立方体の上面以外の5面にネットを貼る。
3)キャップをしたペットボトルをいっぱい詰め込む。
4)上面をネットでふたをする。
5)立方体のユニットを水に浮かべて、複数のユニットを結合。
6)天板を固定する。

以上でメガフロートの出来上がり。

あとは、ユニットを目的地にえい航して、現地で組み立てる。

別に海上空港でなくても、人工島として利用してもいいけどさ、ペットボトルで作った、海上空港とか人工島とかって、なんか夢があると思いませんか?



posted by bonjin at 04:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会

日本の気配りを学んだアップル


2011年10月、初めてのアップル製品を買った。

買ったのは「iPod touch 8GB」16,800円

パッケージを開けて、何に感動したかっていうと、ケーブルがきれいにまる〜く巻いてある事。これなら最初からケーブルにへんなクセがつかないで、気分爽快に使い始める事ができます。使い始めても変なクセがつかないように気をつけて使うようになりますね。

う〜ん!この気配り「やられました!」という感じです。こういう細かい気配りは日本独特の発想だと思うんですね。

その代わり、潔いほどにマニュアルはなし。最初スライドしてロックを外すのに気がつくのに2時間くらいかかりました。このへんは年寄で頭に柔軟性がなくなっちゃってるから、「電源入れて、指で矢印を右にスライドしてロックを外してね!」という紙1枚入れて欲しかったんです。

スペックばかり全面に出して、どんどん複雑化していく製品をリリースする日本メーカーがだめになったのはわかるような気がします。アップルはたぶん日本の家電製品をお手本にしたのだと思います。炊飯器や冷蔵庫とかってマニュアル読まないで使い始めて、たいていなんの問題もなく使えるじゃないですか。



posted by bonjin at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

アトランティックサーモン(大西洋サケ)とトラウトサーモン


北海道へ来た観光客のみなさんが、お寿司を食べて、「やっぱり北海道はサーモンが美味しいよね!」って盛り上がっています。ここで横やりを入れて、ウンチクを語ってせっかくの盛り上がりをシラケさせるほど野暮じゃありませんので、そういう場では真実を語らないようにしています。

北海道で水揚げされる近海物のサケは、生で食べることはまずありません。サナダムシやアニサキス等が寄生しているため、一度冷凍するか、凍らせたままの状態(ルイベ)で食べます。凍らせても寄生虫は残るわけで、飲食店で出される事はまずありません。

寿司屋で出される、サーモンは、そのほとんどが、ノルウェー産のアトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)か、チリ産のトラウトサーモン(ニジマス)です。色が薄くて、脂っこいのがアトランティックサーモンで、色が濃くて、アッサリして旨味が濃いのがトラウトサーモンです。



posted by bonjin at 03:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ライフスタイル