2013年08月14日

iPod touch(第4世代と第5世代)


1980年代後半、MS-DOS Ver2.1の頃からMicrosoftにお布施をし続けていました。何度かMacへと思いましたが、高くて買えません。初代iMacが出た頃から手頃なお値段になってきましたね。

いきなりMacを買うのもな〜と思って、2011年10月、iPod touch(第4世代)を購入しました。とりあえず、16,8000円で林檎教の世界をのぞいてみようかというくらいの気持ちでした。

RAM256MBは、Safariでタブをたくさん開くと、すぐ落ちたりするのは、ご愛嬌ですが、パソコンの前に向かう時間が圧倒的に減りました。ニュースや、YouTubeならば、ねっころがっても、どこでも場所に制約されずに見ることができます。

メール、スケジュール、メモもiCloudでバックアップされているので、1か月後に、Mac Book Air 11インチを買ってしまいました。

ふと思いついて書き留めたメモや、外で写した写真とかが、Macを開くと、そこにあるというのは便利というか、不思議です。

2012年10月iPod touch(第5世代)は、発表とともにアップルストアでネット予約。ネット限定の赤です。発売日に手にしました。

第4世代にくらべて、使って行く上でのストレスは全然感じません。カメラもほぼ実用レベルに進化して、デジカメをわざわざ持ち出す機会も減りました。

僕は「なんちゃってiPhone5」って呼んでます。iPhoneに行けないのは、維持費の高いというのもあるのですが、なんといってもiPod Touchの薄さです。これ味わうと「iPhone」もつと、いや〜ごついわ、重いわ〜と感じる訳です。

自力で通信出来ないのが唯一の欠点、モバイルルーターをいっしょに持ち歩けば、トータルでは「iPhone」の方が身軽なわけですが、モバイルルーターは手に持つわけではないので、やっぱりiPod touchが好きです。

「奥さん!32ギガで、お値段24,800円、その後は一切お金はいただきません!いかがでしょうか?」

2013年5月31日、円高の影響か29,800円に値上げされました。



posted by bonjin at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

献血って凄いことだと思う


16歳の時から献血をしている。社会に少しでも、お役に立ちたいなんて大げさな気持ちがあるわけじゃなく、「そろそろ血抜かなきゃ!」にたいな気分になると献血に行ってます。

成分献血が始まった頃から成分献血もしています。昔は、成分献血すると、通常の200ml献血の3回分にカウントされたので、すぐに通算50回献血に達してしまって、大きな木で出来た表彰状みたいな感謝の記念品が贈られてきてびっくりしました。最近はそういう大げさなのやめたみたいです。

最近は、歯磨きなくなったら、献血行って歯磨きをもらうという、なんともプアーな理由が献血の動機付けになっています。

健康管理としても、献血っていうのは、いいことだと思います。献血できるってことは健康な血液なわけです。あと献血後に送られてくる血液検査は、400ml献血や成分献血だと、健康診断以上の項目を検査してくれます。検査項目がすべて標準値におさまっていたら、まず健康なわけです。

それにしても、日本国内の血液の需要を献血でまかなっているのは、驚くべき事実だと思います。献血する人、それぞれが、そんなに崇高なボランティアな気持ちをもってやってるわけじゃないと思うんだけどね。

みなさん、僕みたいに、献血が習慣化すると、そろそろ献血しなくっちゃ!って思って行くんでしょうね。動機付けが、たたでジュースが飲めるとか、僕みたいに、歯磨きなくなったら行くでも、どうでもいいわけです。

そんな人が日本にたくさんいるわけで、それで、血液の需要が満たされているって、やっぱり、献血って凄いことだと思います。

これでね、輸血受けちゃうと、もう献血が出来なくなります。


posted by bonjin at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル

刺身、寿司ネタ、魚を斜めに切ると美味しくない


みなさんは、切ってないお刺身のサクを買ってきたら、どういうふうに切りますか?

おそらく家庭では、直角にまっすぐ切りますよね!

寿司屋や、料理店では、斜めに切ります。なぜかって、切り身が大きく見えるからです。

斜めに切ると繊維の部分の面積も大きくなって、口に入れた時の歯触りとかも含めて、美味しくない切り方だと思うんですよ。

特にマグロとかのような大きな魚の場合は食べると繊維の部分が口に残りますよね。

あとサケの切り身とかでも斜めに切って売っているでしょ!これも同じ一切れの重さだと大きく見えるからなんですよね。

まあ、もともと小さい、アジとかイワシとかは、斜めに切らないと、直角に切ると小さくて、さすがに食べた気がしないので正解だと思います。



posted by bonjin at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル

Amazonをギャフンと言わせるには


僕も、Amazon使っています、確かに便利です。札幌に住んでいても、これは売ってないだろうっていうのが検索一発で見つかるわけで、それが2〜3日後には配達されます。凄い便利な世の中になったものだと思います。

Amazonは、500円のものでも送料無料で配達してくれるのには、ありがたいことなんですが、クロネコヤマトや佐川急便やゆうパックは、いったいいくら送料もらっているのだろうかと心配になってきます。

でもね、都会に住んでいて、そこらのスーパーで買えるものまで、Amazonで注文するのはね、よくわからんのですよ。水とか、清涼飲料水2リットル12本とか、もうこれは宅配便の人にとってはお仕置き以外のなにものでもないんですよ。でそういうの注文する人に限って不在が多くて、毎日トラックに積み込んで下ろしちゃうの繰り返しなわけです。

沖縄のケラマ諸島や、与那国島とか行ったことあるんですが、もうネット通販がなかったら、都会と同じような生活は出来ないことは、何度か島に行って、島に住んでいる人から聞きました。与那国島のゲストハウスなんて、ネット通販の宅配便がほぼ毎日のように配達されるっていってました。

離島は送料無料じゃありません。離島特別料金払っても島じゃ手に入らないし、沖縄本島や、与那国島だと石垣島まで買い物に行かなきゃいけませんから注文するんです。

Amazonにしてみれば、売上の大半は都会に住んでいる人なわけで、その売上でビジネスが成り立っています。ネット通販がなければ、都会と同じものが手に入らない、離島や過疎地の売上なんて微々たるものでしょう。

でもね、ネット通販て、配達してくれる、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便がなくちゃ成り立たないわけですよ。現在日本全国くまなく配達できるのは、この3社しかありません。(佐川急便は沖縄は宅配便やってませんが)

運送業ってのは、日本の物流の根幹を握っている重要な産業だというのに、何故に荷主から、運賃安くしろって値切り倒されなくちゃいけないんだろうって思います。

仮に、ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便が結託して、Amazonに「おまえのところの荷物なんて運んでやらねえよ!」っていうと、当然、商品を届けることができなくなるから、適正運賃に値上げできるんだと思うんです。

Amazonだと送料無料で、自分で宅配便とか送ると1個2000円とか平気でするじゃないですか。扱う個数が違うといっても違いすぎるんですよね。

この違いはなんなんだ〜?

っていいながらAmazonの広告貼ってますが・・・・



posted by bonjin at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会

10月8日なのに赤トンボがまだ飛んでいる


2012年の北海道の夏は暑かった。10月に入っても半袖TシャツでOKなくらいでした。

我が家の庭に来たトンボです。

20120914.JPG

秋らしい季節はほとんどなく、いきなり冬になってしまいました。

半袖から2週間くらいで、いきなりストーブつけました。

トンボも、さぞかし悩んでいたのかな?

今年は、どうなるのでしょう?



posted by bonjin at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

エコカー補助金と家電エコポイント


こういう平等でないというか、不公平な政策はなんとかしてほしいと思います。

利益を得るたのは、自動車メーカーと家電メーカー、そんでテレビがたくさん売れた家電量販店。テレビについては、その後の反動で家電メーカーは大赤字、家電量販店も売上の大幅ダウン。

ちょっと得したのは、テレビも自動車もその時、買い替えた人たちだけ。

僕は、最初のエコカー補助金のとき、新車を買って3月登録だったので補助金受け取ることができませんでした。4月中旬の登録だと補助金もらえたのに、ギリギリまで日程はわかりませんでした。

2回目のエコカー補助金のときも、1か月前に新車を買い替えたばかりでした。そんなのおまえのタイミングが悪いだけの事じゃんていわれても仕方ないかしれませんが、なんかこういうのって根にもっちゃいます。

家電エコポイントの時も、すでに液晶テレビ買ってました、そんな2台もテレビいらないし。

住宅減税とかにしても、一生に何度も家建てたり、マンション買ったりしないですよね、そのタイミングで購入を考えていた人だけに恩恵が受けられるわけでして、なんか不公平感がわいてきます。

家電エコポイントは、何万円単位くらいですが、エコカー補助金は十万単位、住宅減税は場合によっては百万単位の給付になります。

これ自分の納めた税金が、別に貧しくもなんともない人に還元される、まして財源ないわけで、タイミングよかった人にバラまくために国債を発行して将来の子供達が背負わなければならない借金をふやしてしますって、なんだかな〜!?



posted by bonjin at 18:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会

「面白い恋人」はだめでも「黒い恋人」はいいのかよ


吉本の「面白い恋人」は裁判までしたけど

「黒い恋人」はいいのかよ〜!

Amazonでも楽天でも売っています。検索一発で出てくると思いますので、興味のある方はどうぞ!



posted by bonjin at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

おじさんの札幌限定ジョーク


青山テルマがデビューした頃の話

曲は頭のなかで鳴り響いても、なかなか歌っている歌手の名前は思い出せない。

「ほら、なっていったけ?札幌テルメみたいな感じの名前の女の人」

ここで「テルメ」→「テルマ」って普通は連想進まないよね

「札幌テルメ」は、いまは「ガトーキングダム サッポロ」にその名をかえて営業中です。



posted by bonjin at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

最強のエコカー ミラバン


現在の愛車、ダイハツ ミラバン TX Special 2011年7月登録 新車購入 コミコミ729,000円

mira_van.jpg

気に入ってます、いさぎよいくらい何もついていないシンプルな車です。翌月から、 TX Special のグレードは廃止されて、現在はTXグレードしか買えません。したがって絶版車です。TXグレードには、僕にとってはよけいな装備の「キーレスエントリー」と「パワードアロック」がついています。

その前の車は、同じく、ダイハツ ミラ カスタムX、フル装備、価格はコミコミでミラバンの2倍以上。ガリバーに売っぱらって買い替えたので下取り無しでの購入です。

10/15モード走行燃費のカタログ値は、ミラカスタム25.5km/L、ミラバン24.5km/Lですが、ミラバンはマニュアル5速、車重がミラカスタム820kgからミラバン710kgと100kg以上軽くなってます。

北海道の長距離ドライブですと、ミラカスタムは最高25km/Lくらい、ミラバンは、10/15モードを大きく上回る30km/Lくらい走ります。ガソリンタンクは、36Lなので、満タン1000キロ走ります。とはいってもガス欠にはなりたくないので900キロ超えると給油します。

給油時に燃費計算して「なんだよ今回は、25km/Lくらいしか走ってないのかよ」ってつぶやく。まあ市内走行も含まれているので仕方ないか。

実際そんなエコランしての燃費ではないです。北海道は郊外に出ると、車の流れが、ほぼ法定速度プラスですから、一般道でも、高速道路並みです。これが流れを無視して、法定速度でエコランしたら35km/Lくらいいくんじゃないかなと思います。

走るために無駄な贅肉を削ぎ落した車(実際はビジネスユースのため無駄なコストをかけない)なので、手足のように自由自在にあやつれます。

前のミラカスタムはABS標準装備のため、雪道では止まらないでヒヤヒヤしたものですが、ミラバンはミラカスタムのほぼ半分の距離で止まれます。

唯一の余計な装備、セーフティークラッチシステムとでもいうのかな、クラッチをフロアの奥深くまで踏み込まなければエンジンをかけることができない装置なんですが、2年目の車検で、クラッチ調整してもらって、ストレスなくエンジンを始動出来るようになりました。

今の時代あえて、マニュアル車を購入する人にとっては不要な装備だと思うんですよ。

「オートマ慣れした人が、ギア入ったまま、クラッチ踏まないでエンジンをかけてアクセル踏んで車が発進してしまうのを防止する装置のコストも車両価格に含まれています。」ということです。



posted by bonjin at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル

僕の自動車遍歴


現在の愛車、ダイハツ ミラバン TX Special です。

こっちに詳しく書いてます。→最強のエコカー ミラバン

免許を取ったとき最初に家にあった車

日産サニーバン

昭和51年(1976年)のお話です。

B210型サニーです。B110の直線的なデザインから局面デザインに変わって、クーペは後ろのカマボコを切ったようなデザインから「カマボコサニー」と呼ばれていました。

別に商売で使うわけじゃないのに、何故にバンか?これはうちのオヤジの先進性に後になって感心しました。我が家のサニーバン、バンなのに5ナンバーなんです。後席を固定(ボルトを溶接)して改造申請して乗用車登録したわけです。

日産が参考にしたわけじゃないかと思いますが、次のモデルで、ステーションワゴン仕様の「サニーカリフィルニア」が発売されました。

エンジンはA12型といって、OHVなんですが、果てしなく8000回転くらいまでまわる当時としたら驚異的性能のエンジンでした。

日産パルサー3ドア

大学生の時、初めての愛車です。グレードは一番上の1400TS-Eだったと思うんです。うちのサニーのA12エンジンを1400cc化してさらに電子制御燃料噴射装置(日産は当時EGIって呼んでました、トヨタはEFIでした)のついたパワーアップ版のエンジンです。

日産パルサー480.jpg
若き日の僕です!

日産にとっては先代のチェリーにつぐ唯一のFF(前輪駆動)車です。いまとなってはFF車が当たり前ですが、当時のFF車、しかも国産車というのは発展途上でカーブでアクセル離して、前輪にエンジンブレーキがかかると、いとも簡単にスピンするようなサスペンションセッティングだったのでした。

これが雪道ならばわかるのですが、山道とかのカーブで濡れた路面でも、スケートリンクの上を滑って行くかのようにハンドル効かなくなります。タイヤのグリップを回復させるにはアクセル踏むしかないのです。

これ恐いっすよ、なにせ車が滑っている時に反射的に踏むのはブレーキでしょ、この初めての愛車パルサーのおかげでFF車の運転テクニックを覚えました。

雪道のカーブは、ハンドルで曲がるんじゃなく、アクセルで曲がれ!です。雪道じゃなくても基本は同じです。十分減速してカーブに入ったらアクセルを踏む!車が外に行きたがったら、アクセルをゆるめる、車が内に行きたがったらアクセルを踏む!です。

社会人2年目まで6年くらい乗りました。

スバル レオーネセダン4WD

半年も乗っていません。

中古で購入しました。値段も年式もあまり覚えてないんですが、たぶん80万円くらいだったと思います。パルサーを下取りに出して差引支払い50万くらいだったと思います。

スキーに行くには最強の車です
レオーネ4WD841230.jpg

冬の1シーズンしか乗っていません。当時は北海道はスパイクタイヤOKだったので、ほぼ競技用のスパイクタイヤをはいていました。発進は凍った路面でもほとんどスリップなしで全力加速できるくらいでした。追い越しするときにワダチがあっても夏道同様反対車線にでていとも簡単に追い越す事ができました。冬道番長な車でした。

雪が溶けてると、軽やかな走りのスポーツタイプの車が欲しくなるのが常で次ぎに買った車が

ホンダ クイントインテグラGSi

これも半年も乗っていません。

写真を探してみましたが見つかりませんので、Wikipediaの写真へリンクします。

僕の乗った代々の車の中で一番速い車です。冬になる前に勤務していた会社を退職する事になり、冬タイヤを買うお金がなかったので、泣く泣く手放しました。(こんな理由で手放すかって?当時は若かったんです)

どのくらい速いかっていうと、山道を2速全開で走ると、同乗者が気絶するくらいです。

以後は走ればよろしいファミリーカーを乗り継ぐ事になりました。

ホンダ シビック5ドア

インテグラを手放して買った、2代目シビック。なんの特徴もないファミリーカーです。なにせ40万くらいで買った年式の古い車なもんで、いろいろありました。

後ろのハッチをしめると、その衝撃でリアガラスが粉々に砕け散りました。

真冬に窓全開のときにパワーウィンドウのスイッチが折れて、部品が来るまで窓にラップを貼って走ってました。

マツダ ファミリア3ドア1300

平成になってから、新車で購入しました。1300ccの一番安いグレードです。コミコミ100万くらいだったと思います。失敗したのは4速だったことです。もう5万もプラスすれば5速の1500ccのグレードが買えたのにね。たぶん1500ccのほうがエンジンのトルクに余裕があって燃費もよくなったのにねって思います。

平成7年(1995年)手放しました。以後4年間、久しぶりの自動車なしの生活を過ごしました。

その後は、バイクを2台乗り継ぎましたが、バイクの話はまた別に書こうと思います。

ダイハツ ミラ パルコ

久しく車なし生活をしていました。我が家は分譲マンションに住んでいて、駐車場が入居戸数分ないので、いったん車を手放して駐車場をあけると、次に車を買いたいと思っても順番待ちになります。1999年春に突然駐車場が空きました。速攻でバイクでお世話になっているところで車を探してもらいました。条件は「軽自動車、マニュアル、4WDじゃなくてよい」

そして久々の愛車となるのが平成2年登録のミラパルコ、コミコミ20万円でした。

ミラ パルコ.jpg

手放す時に撮影した写真です。もうサビでぼろぼろです。買い替えの理由が、屋根がサビで穴があいて室内に雨漏りがするようになったからです。それさえなければ、動かなくなるまで乗り続けるつもりでした。

結局人生最長の10年乗りました。南は九州佐賀県まで走りました。日本海の海岸沿いも、山口県萩から新潟県まで走りました。

年収1000万を超えた景気のいい頃に、飲み屋のお姉ちゃんを助手席に乗せると、決まって「どうしてこんなボロボロの軽自動車に乗ってるの?」って聞かれました。

だって全然この車に不満はないんだもんね。僕の貧しくて生活苦しかった時も、景気のいい絶頂期もすべて、この車とともに過ごしたので、一番愛着があった車です。

ダイハツ ミラカスタムX

北海道最南端白神岬の日の出とミラカスタムX
ミラカスタム.jpg

景気いい絶頂期に購入しました。フル装備、なんでも経費で落としちゃえということで、3年リース契約でした。なぜにオートマ(CVTですが)になったかといいますと、最初は、ミラかムーブかエッセの一番安いマニュアル車にしようと思ってダイハツへ行ったんです。ダイハツの軽自動車でマニュアル車の設定があるのは、この3車種の一番下のグレードとコペンだけでした。

景気いいし、飲み屋のお姉ちゃんに押しがきくのはコペンなんですけど、2人乗りで荷物も積めないとなると車持つ意味ないということで、候補は3車種に。ところが、マニュアル車はリセールバリュー(リースアップした後の市場価値)がないため、リース対象車種にならないということで仕方なくCVTの車種に。

リースならば月々どうせ経費で落とせるし、月々数千円の違いなんてということで、あれよあれよというまに、総額150万円に。手放すとき思ったんだけどさ、オーディオのCDやMDなんて一度も使わなかったし、リアシートのスライドとか分割で倒せるのも結局2年間後ろの席に1度も人を乗せた記憶がないので、まったく意味なかったしね。

CVTというのは、アクセル一定でも、勝手にエンジンの回転が上がったり下がったり、乗っててドライバーの意思に関係なく車を走らせているのでまことに、運転していて気分が悪うございました。

それとABSは、マニュアル車でシフトダウンしてエンジンブレーキで減速して最後にブレーキちょんとかけて止まるのが身体に染み付いているマニュアルシフト派にとっては、冬は危ないなんてもんじゃない。正直、運転者の意思に関係なく全然車が止まってくれません。

ということで2年も運転するとストレスがたまって、現在の愛車、コミコミ729,000円のミラ バンに買い替えました。

詳しくは、最強のエコカー ミラバン


posted by bonjin at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル

富士山自転車で登頂しました(標高差3776m完登)


僕の記憶が確かならば、たぶん中学3年生の夏、昭和48年(1973年)8月だと思います。

その頃は、自転車少年でした。標高差1000mくらいの峠道は平気で登って、元気いっぱいでした。

静岡県、富士山のふもとの富士宮市に親戚が住んでいたので、両方の家族そろって富士山登山をすることになりました。

自動車で新五合目まで行って、富士山に登るだけじゃ、ちっともおもしろくないので、全行程、自転車で登頂するのにチャレンジしました。

とりあえず証拠写真、当時は富士山頂の証は木でした。これ抜いて木を抱いて撮影した写真もたぶん実家のアルバムには残っているんじゃないかな。
富士山登頂2.jpg

早朝、自動車組よりは、ずいぶん早く自転車で出発、標高約2400mの新五合目まで一気に登ります。もちろん全部自転車こいで登りました。自動車組よりずいぶん早く到着してしまいました。

新五合目で、下りでは必要のない自転車の変速機のレバーとか、キャリアとかをはずして少しですが軽量化して、いざ山頂へ。登山道は、自転車を押すか、かついで登るかどちらかです。途中の山小屋でほとんど、話しかけられました。自転車もって富士山登った奴は見たことないって。バイクのカブ押して登った人はいるそうです。

九合目までは順調でしたが、9合五勺の山小屋の手前で事件はおこりました。なんと自転車という金属のかたまりをもった僕の、5メートルほど先の岩に雷が落ちたのです。先に小屋に着いていた、家族と親戚一同は、上から僕の名前を大声で叫んでいました。

落雷した岩の付近から閃光とともに煙が出たのを今も、はっきりと覚えています。

あとにも、先にも、人生はじめて、腰を抜かした状態でしばらく立ち上がれませんでしたが、上からはみんなが、「早く登ってこないと危ない!」と叫んでいるので、なんとか山小屋にたどりつきました。

当初は、そのまま日帰り登山の予定でしたが、オヤジも高山病らしき症状で、9合五勺の山小屋に1泊して、翌日山頂を目指すこととなりました。

翌朝、症状の良くならないオヤジを山小屋に置いて、山頂を目指します。残りわずかなので、あっという間に鳥居くぐって山頂に到着。さらに最高峰の剣が峰を目指します。当時はまだ富士山測候所も稼働してたんですね。剣が峰に到着、そこで撮影した写真が上の写真です。

富士山の火口を一周する、お鉢巡りもして、下山開始です。僕は途中で、みんなと分かれて、ルートを須走、宝永山経由で下山します。砂の上ですが、自転車に乗ったまま下ることができます。楽チンです。途中、上の山小屋に荷揚げするブルトーザーとすれ違いました。あっという間に宝永山の火口を経由して、新五合目に到着です。ここでもみんなを待ちました。

さあ、下りです。標高差2000m以上を下るのは初めてです、ブレーキが焼き付かないように気をつけないとだめです。スピードはカーブ以外は、時速50〜70キロ、自動車より速いです。親戚の家に到着すると、ほとんどブレーキのゴムはなくなっていました。

少し一服しましたが、あとひと仕事残ってます。これから、駿河湾に面する富士市の海岸まで行って、自転車を海水につけて戻ってくれば、これで順番は前後しますが、純粋に3776mの標高差を自転車とともに完登したことになります。

別に、標高2400mまで自転車こいで上りきった僕にとって、ほんの20キロ少し自転車で走る事なんて、朝飯前っていうか晩飯前の軽い準備運動みたいなもので、小1時間で任務完了。

最近登山ブームで、思うんだけどさぁ〜!エベレスト登頂にしたって、結局標高5000mくらいから登るわけでしょ。だったらもっと上まで飛行機かヘリコプターで上がって登頂しても同じ事だと思うんだ。ロープウェイで山頂近くまで登って登頂するのと変わらないと思うのよ。悔しかったら、インド洋から歩いてエベレストの山頂まで登ってみろよ!あっ!別に途中までは自転車でもいいけどね。

登ったことのあるものだけが偉そうに言えることだって、わかって書いてます。



posted by bonjin at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年08月15日

金払うか、無料会員でアドレスを登録しろって


日本の全国紙のニュースサイトだと、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞が、これ以上読みたかったら、「金払え!」とか「無料会員でメールアドレス登録しろ!」って画面に表示されますよね。

Googleニュースの記事をクリックしてこうだから、頭にくるんだよね。Googleもこういう「金払え!」の記事はインデックスしないで、検索結果から除外すればいいのにね。

金払う価値があるくらい独自の記事かっていうと、同じ記事が毎日新聞や産經新聞には掲載されているわけです。おまけに産經新聞なんかは、無料で新聞読めちゃう。(iPhoneとipod touchだけの特典ですが)

結局、サイトのアクセスやページビューが減って、広告の出稿は減るだろうと思うし、広告単価も下がっちゃうと思うんだよね。紙の新聞自体が広告で食っていってるのに、ネットになったら急にそこだけビジネスモデルを変えてくることがよくわかりません。



posted by bonjin at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

東スポと日経の飛ばしの違いについて


飛ばし記事といえば「飛ばしの東スポ」ですが、最近は「飛ばしの日経」の方が有名なのかもしれません。

東スポの飛ばしは、罪がないというか、必ず笑いのオチがあって、どちらかというと、みんなが東スポに期待しているわけです。駅の新聞スタンドに、踊る刺激的な見出し、買って読むと「やられた!」って思うくらい、くだらないオチがついていて、思わず読んだ後ニンマリしちゃいます。

一方、日経の飛ばし記事というのは、日本の経済にとって大変罪が重いんじゃないのではと思います。上場トップクラスの企業が業務提携するとか、合併話が進んでいるとかいう報道は、たとえ関係者からの裏が取れた記事であっても、フライング報道するべきではないと思います。

それでなくとも、最近の日本企業がグローバル化に乗り遅れて業績が悪化して、業務提携やら、合併とか事業の統廃合を検討しなきゃいけない状況なのに、日経の先走り報道が日本の経済の足を引っ張っていると言われても仕方ないと思います。

フライング報道することによって、統合の交渉が行き詰まったり、海外のライバル企業が別のベクトルで弱いところを攻めてくることもあるわけです。報道の自由を振りかざすのもいいけれど、国益にも大きな影響をおよぼすってことがわかってないのかなと思います。

日経の「ドコモが次期iPhone発売!」ってのは、もう狼少年状態なので、今後何度報道しても、毎回報道してれば、いつかは当たるわけで、これについては、オチもないし東スポの足元にも及ばない報道です。



posted by bonjin at 00:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済・社会

携帯各社のサービスエリアについて(北海道・沖縄)


昔、ドコモが、mova(ムーバ)からFOMA(フォーマ)へ移行の最初の頃は、ほんとうにつながりませんでした。我が家の窓際だと通話できてもほんの3mほど奥に入ると通話が切れちゃうくらいでした。ビルの中に入るともう絶望的で窓際以外はほとんど圏外でした。

その後「ドコモはつながります!」ってCM流しまくっていた時期も、実際のところ札幌市内ではAuの電波が最強でした。

電波状態が改善されたのは、FOMA Hi Speedが全国的なエリアになってからです。

いまは、ソフトバンクが「つながりやすさNo.1!」ってCM流しまくってますね。

ソフトバンクのサービスエリアマップが、最近やっと拡大できるようになりました。これでやっと各社のサービスエリアが比較出来るようになりました。

ここでは都会でLTEが速いとか、そういう部分ではなく、生命にかかわる、もし山の中で車が故障したらとか、海上で、船が故障したとかを想定して各社のエリアを評価してみたいと思います。

最低限の通話と、メール、あと多少通信速度は遅くなっても、GPSを利用して自分の位置情報くらいは地図上に表示出来るか程度の通信ができればよしとします。

沖縄本島北部

離島ではありません、沖縄本島北部のエリアは各社さみしい限りです。名護市から北の、大宜味村、国頭村、東村ですが、各社海岸沿いの国道から山間部へ入ると圏外のエリアがたくさんあります。海岸沿いの国道でも、一部圏外のところがあります。

海上でのサービスエリア

これについてはドコモ最強です。北方領土、尖閣諸島、竹島以外の日本の領海内で圏外になる場所はほとんどありません。

僕はスキューバダイビングをやっている関係で、沖縄方面にはよく行って、船で海上に出るのですが、Auは無人島や、有人島でも集落のない島の反対側に行くと圏外になることがあります。ソフトバンクも同様です。

山の中、無人地区でのサービスエリア

国道であっても北海道ではエリア外の場所が多くあります。富良野から札幌までの近道となる国道452号線は、北の芦別から、南の夕張までほぼ無人地区が続きます。国道だというのに、三段滝以外には自動販売機すらないまったくの無人地区です。車が故障したり、事故でも起きたらサービスエリア内まで歩くか、通行する車に助けてもらうしかありません。

ドコモ---芦別から三段滝の約3キロ先までサービスエリア内、そこから南は圏外が続き桂沢湖の5キロくらい手前よりサービスエリア内です。そこから20キロ以上圏外が続きますが、夕張川沿いのかつて集落があった地区(携帯電話が普及する前に無人地区になっています)がサービスエリア内になります。そこからは、シューパロトンネル周辺以外はサービスエリア内となります。

Au---芦別から三段滝の約1キロ先までサービスエリア内、そこから南は圏外が続き桂沢湖の2キロくらい手前よしサービスエリア内です。そこからシューパロトンネルを出るまでずっと圏外です。

ソフトバンク--芦別から三段滝の手前約3キロ先から圏外になります。そこからは桂沢湖湖畔まで圏外です。そこからシューパロトンネルを出るまでずっと圏外です。

札幌近郊観光ルート

札幌から支笏湖、支笏湖畔をまわって美笛峠をこえてニセコへ抜けるルートです。美笛峠は、新千歳空港からニセコへ抜ける最短コースで、観光バスもよく利用するルートです。

札幌市内から支笏湖にいたるまでは、各社いずれも、山の中に入り支笏湖展望台あたりまでは圏外が続きます。札幌市内から山の中にはいるまでは、Auが一番先に圏外になります、ソフトバンクは電波の種類によって、ドコモと同じくらいエリアになる場合もあります。

以後ニセコまで各社サービスエリア内となります。しかしドコモが山間部でもすべてFOMAのエリアであるのに対して、Auは144kbpsでしか通信出来ないエリアがほどんどです。この144kbpsというのはエリアでのベストな状態での帯域で、通話、エリアメールの優先度が高いのでデータ通信は絶望的な速度に落ちます。車で走りながらのGoogleMapの表示はほぼ絶望的です。ソフトバンクは、プラチナバンド、旧3Gの電波をあわせるとすべてサービスエリア内になりますが、どの電波も圏外が5キロ以上続くエリアがあります。

なおAuエリアマップによると、データ通信がほぼ絶望的な144kbpsエリアは2013年12月までに4GLTEエリアに対応するようです。WiMAX+3G端末を持っている人にとってはなにも改善されるわけではないと思うのですが・・・

日本海追分ソーランライン(国道229号線)

函館から日本海側の海岸線を沿って北上して積丹半島をまわって余市まで行くルートです。絶景の海と、のどかな風景が続きます。ほとんどの町や村が観光化されてないので都会の雑踏を忘れさせてくれます。

札幌から国道5号線または、道央自動車道で函館に直行して、日中はほとんど走って、車中で寝て1泊2日、のんびり走れば、2泊3日、約1000キロのドライブコースです。

ドコモは、FOMA開始してかなりの期間、各町村の役場周辺以外はほとんど圏外でしたが、それまで圏外だったエリアを一気にFOMA Hi Speedエリアとしてカバーしました。

Auは、各町村の住宅がある地区以外は、ほとんどデータ通信が絶望的な144kbpsエリアです。

ソフトバンクは、プラチナバンド、旧3Gを含めて、瀬棚町から島牧村の間が厳しいです。このあたり磯釣りの絶好ポイントが多いです。他の地区は若干カバーしていないエリアもあるものの、少し移動すればサービスエリア内に入れます。

なんか極端なエリアばかりで比較しているようで、アンフェアだと思われるかもしれませんが、僕が実際に車でよく走るドライブコースばかりです。


posted by bonjin at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

僕のネットと携帯の家計簿


いろいろとモバイル機器について書いてきたので、こいつ月々いくら払っているんだろうと思います?

実はそんなに払ってません。自分でもまとめて整理したことがないので、まとめてみます。

まず携帯はAuのガラケーです。シャープのソーラー防水携帯、もう4年以上使ってます。本体代金はイケイケの景気よかったころなので6万円くらいだったと思いますが一括で払ってます。

基本料金780円
待ちうた210円
EZWIN315円
安心携帯サポート315円

合計1620円

プラス通話料ですが、ほとんど500円以内です。

ドコモXiデータ通信契約 982円
(通信していません。L-09Cが1円、いっしょに買ったMac Book Airが35,000円引きになるので2年縛りの基本料金)

IIJmio ミニマムスタートプラン
ドコモルーターL-09Cで利用
948円
ドコモOptimus LIFE L-02Eで利用
948円

WiMAX
4408円

050Plus基本使用料
315円通話料はごくわずか

以上

合計で9221円です。

これで自宅のインターネットも、どこでもインターネットもすべて含んでの金額です。通話料入れても毎月1万円でおつりがきます。

今年(2013年)11月でドコモのXiデータ通信の縛りが終了するので、12月以降はさらに982円安くなります。

テザリングできるSIMフリーのAndroid端末だったらIIJmioのSIM契約1枚で済ますことが出来るんですが・・・

posted by bonjin at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

ベストエフォートなサービス


いつの頃からか、ベストエフォートなサービスがあたり前なってきました。

その代表的なものがインターネット接続サービスだったのですが、有線接続サービスも普及できるエリアには、ほとんど普及して現在ではモバイルデータ通信サービスで携帯各社がベストエフォートな高速データ通信の景気いい宣伝競争が華やかに行われています。

現在では、各社100Mbpsの速度をうたっているところがほとんどです。あくまで100Mbpsという数字は最高に条件がいいときに理論的に出る最高の速度ですよということです。実際にはその10分の1の速度が出ればけっこう上出来だったりします。実際理論的には最高速が出たとしてもデータを出す側のサーバーが100Mbpsの速度でデータを送ってくれるはずもなく意味のない数字だと思います。

それよりも100Mbpsの500分の1の200Kbpsでも帯域保証してもらった方が安心して使えます。でもこの帯域保証ってのがとてつもなくコストがかかるわけでして有線でなく、無線のモバイル環境で実現するとなると月額1桁変わって200Kbpsでも、うん万円、Mbps単位での帯域保証となると、うん十万円でも提供できないと思われます。現実に海上を除くサービスエリアですべて1Mbps以上のデータ通信が出来るインフラを持っているキャリアは存在しないと思われます。

最後にジョークを

ベストエフォートな寿司屋---大トロを注文しても1年に1回くらいしか大トロが出てこない、普段は赤身、週に1回くらい中トロ!
ベストエフォートな炊飯器---たまに美味しいご飯が炊ける場合がある。普段はスイッチを入れても電源すら入らない。
ベストエフォートなパチンコ屋---全台出血大開放なのにもかかわらず、ほとんどのお客が負け!よくある話。
ベストエフォートな自動車---たまにエンジンがかかる場合がある。ごくまれに動いてくれる。


posted by bonjin at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

キンカメ2007年産駒のおぼっちゃま達


はじめて競馬の話を書いてみる。TTGの頃の話を書いてもリアルで知ってる方は少ないと思われるので、最近の話から

2007年生まれのキングカメハメハ産駒のおぼっちゃま達といえばおわかりでしょう。

ローズキングダム 母ローズバド(母父サンデーサイレンス)募集価格8000万円
ルーラーシップ 母エアーグルーヴ(母父トニービン)募集価格1億8000万円
トゥザグローリー 母トゥザビクトリー(母父サンデーサイレンス)募集価格1億2000万円

血統

ローズキングダムの母ローズバドの重賞勝鞍は、フィリーズレビューGII(桜花賞トライアル)マーメイドSGIIIでGIには手が届きませんでしたが、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯のGIでいずれも2着、あと1歩でGIに手が届くところでした。ローズバドのおばあちゃんローザネイから広がる血統は、「薔薇一族」と呼ばれています。GIを勝つあと一歩のところまでいくのですが、なかなかGiの勲章に手が届きませんでした。ローズキングダムによって、3歳GI朝日杯、ブエナビスタの降着繰り上がりとはいえ古馬混合GIを手にすることができ、「薔薇一族の悲願」は達成されました。ジャパンカップ以降のローズキングダムの不振もなにか「薔薇一族」のストーリーを今後語る上でのいいネタになりそうです。

ルーラーシップの母は、ご存知エアーグルーヴです。天皇賞(秋)、オークスのGI2勝、古馬になっても牡馬を相手にジャパンカップ2着2回をはじめ優秀な成績を残した名牝です。お母さんのダイナカールはオークス馬です。繁殖としても、最初の1番仔のアドマイヤグルーヴがエリザベス女王杯を勝ち、3代続けてGIを勝ちました。フォゲッタブル(ダイヤモンドS・ステイヤーズS)グルヴェイグ(マーメイドS)とルーラーシップを含めて4頭もの重賞勝馬を生んで、競争成績はもちろん繁殖新馬としても超一流の成績を残しました。

トゥザグローリーの母トゥザビクトリーは古馬になってエリザベス女王杯を勝ちました。その時の2着がローズキングダムの母ローズバドでした。繁殖牝馬としてはトゥザグローリー以外の重賞勝馬は出していません。トゥザグローリーのひとつ上の3番仔の牝馬はトゥザグローリーと同じく父キングカメハメハですが、セレクトセールで6億円という牝馬では世界最高金額で落札されました。残念ながら未出走のまま繁殖入りしました。

競争成績

全成績等については、「netkeiba」「Yahoo!競馬」を参照してください。

ローズキングダムは、3歳チャンピオン朝日杯まで3連勝、デビューー戦では、後の皐月賞馬ヴィクとワールピサを2着にくだしてます。クラシック三冠は、4着2着3着とタイトルを手にすることが出来ませんでしたが、ジャパンカップでブエナビスタの降着により古馬GIのタイトルを手にしました。このジャパンカップのタイトルをとったことが後の不振につながっているのではないかと僕は思います。3歳以外のGI馬は、後に出走するハンデ戦以外のGIIでは、斤量が2キロプラスされるレースが多いのです。後の唯一の勝鞍、京都大賞典で59キロで勝っていますが、このときの対戦相手は、後に天皇賞馬となるビートブラック以外は、もう力はすでに下降線にある馬達ばかりです。僕は「ローズキングダムカンカン泣き説」があるんじゃないかと思っています。京都大賞典を例外として、斤量57キロ以上では勝てない。クラシックを取れなかったのも、「その1キロが微妙に応えるのよ」とローズキングダムがレース後のインタビューで語っているような気がします。

母父サンデーサイレンスということと、古馬になってからの不振で、引退後種牡馬としての行き先が決まるまでかなり時間がかかりましたが、無事ブリーダーズ・スタリオン・ステーションワゴンで繋養されることが決まりました。来年からの種付けになると思いますが、ぜひ2017年にデビューする初産駒達には期待したいと思います。

ルーラーシップの競争成績と同時にトゥザグローリーの競争成績もいっしょに語りたいと思います。実はこの2頭の成績、途中まで共通点があるんです。実はこの2頭どちらも「GII・GIII番長」なんですね。ルーラーシップは、2010年12月の鳴尾記念から2012年1月のAJC杯までGI以外の重賞はすべて連勝(4勝)、トゥザグローリーは、2010年12月の中日新聞杯から2012年1月の日経新春杯までGI以外の重賞はすべて連勝(4勝)、期間も4勝という勝鞍もまったく同じでしょう。その後の成績はルーラーシップは香港でGIを制したの後、すべての国内GIで2着1回3着3回と好成績のまま引退しました。毎度毎度の出遅れで、直線忘れた頃に猛然と突っ込んでくるレースは、もし出遅れなければあとGIのひとつやふたつは取れていたのではと思わせますが、出遅れもルーラー君の愛すべきキャラクターなんじゃないかと思います。ルーラーシップは海外GIのタイトルと堅実な成績を残して、社台スタリオンステーションで種牡馬として繋養されることになりました。初年度種付料250万円、2016年に初産駒達がデビューします。血統的にサンデーサイレンスの血を含まない、社台血統であるノーザーテースの血も、配合したら4代前(6.25%)なのでノーザンダンサーやミスタープロスペクターの微妙なクロスと血統的にもいろんなキャラクターの産駒が出てきそうで楽しみです。

トゥザグローリーは、ルーラーシップと同じ「GII・GIII番長」後の成績ですが、中山記念でまったく走る気のない10着に沈んだ後の鳴尾記念で前走の不可解な惨敗を忘れさせるかのような快勝。その後の4レースは、2回の最下位を含む全部2桁着順と意味不明な敗戦を繰り返しています。ローズキングダムと同じく、競争生活の最後は不振な成績、そして母父サンデーサイレンスと引退して種牡馬になるには難しい条件が重なっています。どうかキンカメおぼっちゃま三銃士として、その血統を残して、再度産駒達による戦いを5年後くらいに見てみたいと思います。

2010年ジャパンカップのブエナビスタ降着裁定について

降着制度が変更になってからの裁定は、度重なる岩田騎手の他馬へのアタックが降着にならないのですから、現在の制度ならば、2010年のジャパンカップではブエナビスタの降着はないと思います。

1着入線のブエナビスタが、2着入線のローズキングダムに外側から接触後、内に斜行して、ローズキングダムの進路を妨害したとして2着に降着になりました。

レースを接触が起こる前から追ってみます

レースの録画をスローで何度も見ると、直線でシンゲン先頭、ヴィクトワールピサとエイシンフラッシュが上がってくる、ヴィクトワールピサがシンゲンを捉えたあたりで、外に膨らむ、そのときブエナビスタとローズキングダムがちょうど並んだ時で、エイシンフラッシュの一馬身後方、ヴィクトワールピサはエイシンフラッシュの一馬身前、ここでヴィクトワールピサがシンゲンをかわすため外に進路を取ると、前をふさがれたエイシンが減速、あっという間にブエナビスタとローズキングダムと並ぶと同時にブエナビスタが内に寄ってローズキングダムに接触、ローズキングダムはブエナビスタとエイシンフラッシュに挟まれる。この時点ではローズキングダムは減速していない、減速して走る気をなくしたのはエイシンフラッシュ、その後ブエナビスタがさらに加速し、ローズキングダムの前に来たところで、行き足のついたローズキングダムの鞍上の武豊が手綱を引いて減速、すぐさま追い出すして伸びるもヴィクトワールピサをハナ差とらえたところがゴール板、ブエナビスタに1馬身と3/4話されての2着でした。

もし不利がなければ、ローズキングダムがブエナビスタを差しきっていたかどうかはわかりません、あまり大きく話題にされませんが、スムーズに上がっていったエイシンフラッシュだって、ヴィクトワールピサに進路を遮られなければ、その時点の勢いはエイシンフラッシュのほうがあったので、2着3着争いには加わっていたのではないかと思います。

2009年の安田記念のように、2度も行き場を失って立ち上がりそうな感じになっても、あっという間にディープスカイを差しきったウオッカのように、強い馬は不利があっても強いのかもしれません。

接触はなくてとも間接的にでもエイシンフラッシュの進路をふさいで今回のトラブルのきっかけとなったヴィクトワールピサに騎乗したキシム・ギュイヨン騎手には、過怠金1万円か課されました。今回のレースで一番悔しい思いをしたのはエイシンフラッシュ陣営じゃないかと思うのですが、8着に沈んだダービー馬はあまり話題になりませんでした。



posted by bonjin at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年安田記念と宝塚記念 岩田騎手と内田騎手のせめぎ合い


2013年安田記念1着ロードカナロア(岩田騎手)10着グランプリボス(内田騎手)
2013年宝塚記念1着ゴールドシップ(内田騎手)3着ジェンティルドンナ(岩田騎手)

1600mの安田記念、2200mの宝塚記念、一見関連がなさそうに見える2つのレース、直線前の4コーナーまでの2人の騎手のせめぎ合いは見ていてさすがと思わせるものでした。

両レースでの岩田騎手の直線アタック攻撃には触れないこととします。

まず安田記念

グランプリボスは2番人気でしたが、スプリンターのスペシャリストの領域からマイル戦に挑戦するロードカナロアには当然負けられないレースでした。岩田騎手もライバルはグランプリボス1頭ということを認識していたと思います。直線に入るまでの4コーナまで、内田騎手のグランプリボスをぴったり外からマーク、内に封じ込めることに成功しました。直線グランプリボスは何度も行き場を失って加速と減速の繰り返し、10着の惨敗です。着順こそ二桁ですが、僕はそんなに負けているとは思いません。これで評価を落として人気も落ちる秋が美味しいんじゃないかと思います。グランプリボスいつもそういう時に限って走ります。

続いて宝塚記念

ゴールドシップは2番人気でしたが、鞍上の内田騎手は、相手はジェンティルドンナ、安田記念の雪辱すべく、岩田騎手をターゲットに絞っていました。今回はゴールドシップが道中ジェンティルドンナの外3コーナーから4コーナーにかけてジェンティルドンナの出方を伺い4コーナーで加速するところでジェンティルドンナを封じ込め、安田記念の仇をうちました。

2つのレースの外から内の馬を封じ込めるというのは、一流騎手のフェアープレイとして見せる技術だと思います。テレビを見ていて思わず画面に向かって「うまい!」と叫んでしまいました。


posted by bonjin at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

iPad (第4世代)


2013年1月に、iPad (第4世代)を購入しました。

最初は、iPad miniを買うつもりでヨドバシカメラに行ったわけですが、大人気で1か月待ち、予約をしてみたものの、iPad(第4世代)さわっていたところ、Retinaディスプレイの綺麗なことったら、YouTubeの高解像度の動画を見ると、その差は歴然、めでたくお買い上げお持ち帰りとなりました。

悲しい話からまず、5月に家の床(フローリング)に落として、フロントカメラのあたりのガラスパネルが3方にひび割れしました。液晶フィルムを貼ってなんとかごまかして使ってます。

これでApple製品は、Mac Book Air 11インチ、iPod touch(第4世代・第5世代)と、家にないのは買いそびれたiPad miniとたぶん国内キャリア版のは買わないであろうiPhoneになりました。

これだけあって、すべてがicloudでほぼ瞬時に同じデータにアクセス出来るというのは、フロッピーを差し替えていた時代からパソコンを使っていた僕にとっては夢のようなはなしです。

iPad (第4世代)ちょっと熱いです。それ以外には不満点はありません。

これ、梱包材の発泡スチロールを、IPadのサイズに合わせてカッターで切り取りました。
iPad台1.jpg
ごらんのとおりピッタリサイズ
iPad台2.jpg
この写真も、iPod touch(第5世代)で、今直前に撮影してMac Book Airにて記事をアップしました。これがデジカメだと、SDカード外してカードリーダーからファイルを読み込ましてと一手間かかります。いや〜!なんて楽チンなんでしょう。

思わぬ効果として後ろの空間がスピーカーボックスの働きをして反響で音が良くなります。


posted by bonjin at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー

1年半でマラソンで世界のトップクラスになる練習法


だれでも標準的な身体能力を持っているなら簡単な方法です。

第1日目 100mを18秒で走ってみます。
クリア出来たら2日目へ
第2日目 200mを36秒で走ってみます。
クリア出来たら3日目へ
第3日目 300mを54秒で走ってみます。

以後省略

第422日目 42.195キロを2時間7分35秒で走ってみます。

クリアできたら、あなたも世界のトップクラスとして活躍出来るでしょう。

世界一になりたい目標のある方は100mあたりのの設定タイムを17.5秒にしてみましょう。フルマラソン2時間3分4秒で走れるようになります。

女子は100mあたりの設定タイムを20秒にすると、フルマラソン2時間20分39秒で走れるようになります。

真に受けてやってみる方はいないと思いますが、これって自分の能力を見極めるには、良い方法だと思うんです。今の世界記録でフルマラソンだけは、100mならば、ふだん運動をあまりしていない人でも走ることができるペースなんです。これが10000mになると100m15秒台になっちゃうので、いきなり無理ですよね。

10日目をクリアできると、結構長距離の才能あると思います。10キロまでのローカルのマラソン大会なら上位入賞できちゃいます。

別にマラソンじゃなくてもいいんですけど、ようは自分の持って生まれた能力を見極めることって大切な事だと思うんです。「努力は絶対に裏切らない」「努力は必ず報われる」どっかの国民的アイドルのリーダーの言葉でしたか?僕はそうは思わないんです。

才能がないと思ったら、無駄な努力はやめて、他の自分の才能あることに努力を注げ!ということなんです。自分の才能の見極めなんですけど、ちょこっと覚えたてで、ちょっと練習したらすぐ平均以上の事が出来る事だと思うんです。逆に才能ないなって決断するのはいくら頑張っても人並みのレベルになる事ができない事だと思います。

これはスポーツにしても芸術とか勉強とかでも同じだと思うんです。仕事にしても自分の能力のポジションを知る事って大切な事だと思います。いくら努力しても出来ない事はできないし、ちょこっと努力(本人は努力と思わない程度)しただけで出来ることは出来るんです。



posted by bonjin at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ